上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンサートの感想もそこそこに
M!が始まってまった!!

ということで行って参りました。
ヴァルトシュテッテン男爵夫人に会いに!

過去に一度Mをみたことがあって
その時はイベントで一度すみれちんが例の歌を歌った後ってこともあり(私はみてないのだが)
これをすみれちんが歌ったのかーと思いながらみてたこともあり
男爵夫人は女神さま!!
とかいう
印象でした。
(突然天からきて星金歌って帰るイメージしかなかった)





改めて見てきました。

間違ってなかった。うん。


女神だったよぉーー
高貴だったよぉーー
美しかったよぉーー


でした。


あのお品があふれまくってる高貴な夫人は
どこぞの国の姫君かと思いました(常に本気!)



最初の方にちらっと出てくるのを知らんかったので
ふらっと出てきた高貴な発光しまくってる優しい声の人が出てきて
この、この、声は!
って
慌ててオペラをあげる始末。

ひとフレーズ歌もあったりして
バウ以来のすみれちんをぼーっと見てたらすぐにはけてった
突然は心臓にわるいぜ


すみれちんの輪っかのドレスってはじめかな
エリザの御髪を整えた時ぐらいしか思いつかないのですが
あの人たぶん輪っかのドレス着て普段から生活してると思うんだ
それぐらい自然に高貴で輪っかお似合いでした
あそこまで似合うとはっ!
お顔が小さいからかなー
バランスがパーペキ

またお貴族様ということで
ドレスだけなく、ドレス毎に毎回豪華なネックレスなんかの装飾品を
身に纏われているのですが
それはそれは豪華で重そうで。
でもすれみちんは首が長くて(体の割に)しっかりした首なので
その豪華すぎるネックレスが映える映える
その高貴さを更に引き立たせるネックレス
あれは自分で選んだのかなぁ?お衣装部さんからかなぁ?
お似合いすぎて選んだ人を褒めてあげたい!(上から)


男爵夫人といえば、爵位のなかではそれほど高い地位ではないと思うんだけど
それ嘘だねたぶん
あのお方は皇族なんじゃないかと思うほどの空気感っっ
一国を動かせるよきっと!
だって
夜会のシーンでのお衣装をごらんなさい♪ごらんなさい♪
あたしゃ、マリーアントワネット様かとおもっただよ!
おーーひさまぁーーーー

頭に大型船の模型乗せても違和感ないほどの
高貴な立たずまい

しかし夜会でキューを持ってみんなで踊ってるとこは
たいへんに可愛かったです
なんか楽しそうに踊ってんだもんあの人(´Д`)

ちなみに夜会の場面ではゆかり姐さんと楽しそうに歓談されていたりして
ゆかり姐さんがいてくれてよかったと
ほっこりしておりました。





歌ですが。
あの、あの、星きんを歌うということで
私も異常に緊張していたのですが(お前がしてもな)
エリザの時ほどのアウェイ感はなかったので緊張もあの時ほどは(私が)

物語をお聞かせしましょうって言ってからのあの歌。
優しく語りかけるような歌い出しとでも諭すような強さ。
すみれちんにぴっったんこの歌じゃないですかねーー!!!

狂喜乱舞(ファンですから)


全体としては初日ということで
喉が少ししまっている感じはありました。
あと、すみれちんは歌う前に
体全部に酸素を取り込むようしてから歌うイメージがあるんですが
この日はまだ酸素が吸いこみきれてなかったように感じた。
なので
歌の終盤あたりはすこし息苦しさはあったかなー。


あと製作発表のときより地声で歌おうとしているのか
裏声だけに頼らない感じでして
なので裏声ほど響きも少なかったかも

ラストのあたりは私もすみれちんを応援すべく(心の中で)
オペラ握り占めながら応援合戦してたら(心の中で)
私も酸素が足りなくなった。
もしかすると
すみれちんの酸素を私が吸ってしまったのかも!すんません!

しかし
2幕にもっかい出てくる時
上の方で
扉がシャッと開いて麗しいすみれちんが歌い上げて
また
扉がシャッと閉まって消えてしまう

まるで一瞬女神が降りてきたかのような神々しさと輝かしさ(ファンですから)



カテコはドレスのなのに頭下げてるとか
かわいいことしてたんですが
いつか膝を折ってお辞儀できるといいね!w

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。