上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやー100年続くってすごいねー

思うような豪華な顔ぶれが1幕だけですでにすごい
そんな祭典でした。


現役さんとかすっごい小さくなっててね。
でも
やっぱり現役にしか出せないキラキラ感があって
やっぱり男役は現役の物だなーと再確認させられたり。
だってかなめさん素敵だったんですもの(でれ)

あと
現役によるどんぶらことか
笑っていいのか真面目に見ていいのかよくわからなかったんですが
それを真顔でやり通すジェンヌさんのすごさw
鬼に集団が無駄にカッコよくてづっくんにきゅんきゅんしてましたことをここに告白



2幕のスペシャルゲストがすごすぎて自由すぎて
みきちゃんのオナカイタイ度が伝わってくるような気の遣いよう
マジでお疲れ様でしたみきちゃん


でもあと何年かしてまたこういうイベントがあった時に
すみれちんも
らんじゅさんぐらいの学年のこに手を引かれながら出てきたら可愛いなーとか
思っておりました。
時間なんかガン無視で、やしおじまりさまばりに
「わたくしもっとファントムのお話したいわぁ」
とか
かわいく言われたい。
いくらでも聞いてあげる。



そんなこんなで2幕最後
永遠に締められないんじゃないかと思うほど
全体的に時間がおしてましたが
ツレ様の「皆が劇場に泊まらなあかんくなる!」の一言で
バタバタと締めにかかりました。
そんで出演者が全員もいちど出てきてのフィナーレ




フィナーレ全員がざーっと並んだ時に

2幕お衣装変えてるかも→オレンジの人がいない→よし!衣装変えてる→1幕同様上手みるとトウコムがいる→よし!逆だ!→下手確認→ぎゃぁぁーーー

でした。


まっっしろいまさに妖精のすみれちんがそこにいたので
叫びあげそうなほどこーふんしました。
かわいくてねーーぎゃぁぁーーー


胸元あたりでクロスになっているふわっと柔らかそうな生地の白ロングドレス
腕部分はシースルーでホントにふわふわした感じでした。
髪型はひとつくくりを左横に流してロングのつけ毛をプラス
右側側頭部にヘッドドレス(てゆーらしい)これまた白い大きい飾り
すみれちんは下手カーテン付近にいますので、常に中央(左側)に顔を向けてらっしゃる
ので
右側のうなじと白のヘッドドレスが客席にむいていて
物凄い大変良いバランスでしたの!
このうなじ最高でしたの!!
がわえがっだーーーー


誰よりも可愛くて儚げで
この人ホントに6年も男役トプを務めたのかしらと思うほど
どの娘やくさんよりもかわいんじゃないかと思うほど
ふわーーっと優しい笑顔で立ってました。
がわえがっだーーーー


フィナーレは全体ですみれの歌を歌いながら
全員が銀橋を渡って幕
という
簡単なものでしたが
移動が終わって歌のラストあたり
片手をあげてからゆっくりお辞儀する
という
簡単な振りがありました。

すみれちんは何の疑いもなく歌いおわってすぐにまっすぐゆっくり客席に向かってお辞儀してました。
礼儀正しくていい子だなぁと
ほにゃほにゃしてたんですが(わたしが)
どうも出早だったらしい(爆)
すみれちんのお辞儀が終わったくらいに皆が片手あげてて
それをキョロキョロしながらすみれちんもやって
その後ちょっと笑いながらもっかいお辞儀してました。
なんかゆるくて可愛かった


その後、幕が降りるときは
隣の花ちゃんまでは本舞台に残りすみれちん以下下級生は袖にハケテいかれました。
隣のカシちゃんとニコニコ笑い合いながらお手をフリフリはけてく
白い妖精のかわうぃことかわうぃこと
一回だけカテコがありましたが
幕が開くと同時に袖から走りこんでくる後ろ姿が
スカートひらひらさせて一生懸命走ってて
妖精なのに下級生の姿で微笑ましくて大喜び(わたしが)


あの白のお衣装はフィナーレの為だけだったら
せっかく新調したのにもったいないなーとか思ってました。
その思いは後日解消されましたけども(それはまた別のはなし)





どえらく終演がのびたので
ホントにあるのかドキドキしながら会場に向かいましたら
きちんとありました。
ということで
出待ちぃ~ふっふーー♪♪♪


雰囲気はエリザ名古屋の出待ちと似たような感じで
小さいお部屋に皆が半円になってすみれちんを囲んだような感じです。

終演後、かなりせかされて出てきたっぽいすみれちん
舞台化粧のままでした。
めっったきれいでしたでへでへ
なんなら、白ドレスの妖精のまま出てきてくれてもよかったのよ?でへでへ


白のインナーに茶色(だったかな)のドルマンぽいカーディガン
首元に茶色っぽいビジューネックレスをしてた気がする。
ボトムは黒地花柄の八分丈くらいのパンツでお出ましでした。
とっても普段着ぽいのにスターの私服感


髪型は上部分だけとめた状態で肩ぐらいまでの髪の毛をおろしてました。
くるくるカールのこしたまま



皆思い思いに一言しゃべるのでそれに答えながら
一人一人からお手紙受け取ってました。
みんな観劇の感想を言うので
すみれちんは皆が観劇してたこと自体に驚いてました。

みてたんだー
すごいねー

(チケットよくとれたねー)の意味が含まれてるような驚きのお声
そりゃ、こっちはすみれちんみるために頑張ったわよ!

心の中で思いながらw
お手紙渡してきました。



前にたって少しだけお話してましたが
やっぱりとっても緊張してたみたいです。
ライトが強くてってわらってた。
でも
大劇場のお客様があったかくて最後は笑顔で終われてよかった
って
感想も言ってくれました。


帰りがけにまた謎の質問をしてましたよ。

「みんなはもう帰るのー?」

て。
もちろん帰るわいわい

「私は泊まるの」

って言ってたので
そりゃ帰られたら困ります。と思ってました。


相変わらず、ファンがどうやって帰るのかとかいつもすみれちんクォリティな疑問があって
ホントにあきないかわいい(どさくさ)




もう締める言葉もないくらいかわいいしかないのですすみれちんたら


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。