上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の会のメインともいえる
ニュー音楽とやらの発表

ものすごくもったいつけてたけど
割と予想通りでした(笑顔)

いや、じつはもっといろんなことを勝手に想像して勝手にドキドキしてたんですが
わりと予想を超えないところで正直

よかった

というのが素直な感想
(突然ヒップホップに目覚めましたとかだったらどーしよーとか)(あきもとさんプロデュースでアイドル路線にいったらどーしよーとか)(ご当地ソング歌手とかさ)(あはは)
五木田さんならすみれちんがご卒業して思いの丈を綴った詩に曲をつけてくれたひとだし
わりと卒業された当初から関わってきたひとなので
より安心


そして五木田さんご登場で
私らより熱いんじゃないかというほどのすみれちんへのファンぷりな語りに
更にうれしくなる次第


五木田さんプロデュースによるアルバム発売

ニュー音楽の全容でした。

出されたタイトルが

SECRET WATER

秘密のみず
ひみつっ
みずっ
エロい!!

とか叫びそうなってすいません
コンセプト聞いて更に全力ですいません(土下座)

自然破壊がすすむ地球を嘆いて
水の妖精が人々の心を癒しに歌う

とか。
まるですみれちんのためのコンセプト
つか、すみれちんが妖精とか!
イタイファン(=つまり俺)が言ってるだけかと思ってたら
公式に、あの五木田さんが真顔で言ってて
嬉しいやらこっぱずかしいやら申し訳ないやら嬉しいやら
知ってたけどね!すみれちんが妖精さんだって知ってたけどね!

五木田さんの世界観で作り上げるお話仕立てのそれぞれの音楽を
すみれちんが歌う
なんだかとっても良い感じじゃないですかーー

お話聞いてるときはかなり興奮しましたよ。
すみれちんの歌は物語りが浮かび上がってくるような
情感のある歌なので
お話仕立てという歌たちをどういう表現で歌うのかとっても興味があります。
いつかのオケとのセッションで、
動物の謝肉祭を動物たちを演じながら語って歌っていた朗読がすんばらしかったので
奥深いところをついてくる五木田さんの世界観と融合したらすんごいんじゃない?

今からわくわくです。


このわくわくから一変
始まったPVをみてドキドキが違うドキドキに変わったのは
いつか笑える思い出になればいいなと思う(笑っとけ)
あの合成っぷりには目からうろこ(笑っとけ)


あはは



ですが
お話、最終的には
妖精が立ち上がって世界と戦うとか言ってた(ようなきがする)ので
美しい妖精が戦士になって戦う
つまり、女性の姿もおとこやく的な姿も見れるってことなんじゃないでしょうか?(勝手なおくそく)
きっと
アルバムから音楽が生まれて
それが舞台にのってコンサートとかになって
そしてお話仕立てがストーリーとなりミュージカルになって
それがハリウッドで痛快アクションムービーになって
そしてそれを体験できるアトラクションとなって
逆輸入で日本のUSJにアトラクションができて大行列になるんですよね!
大変だわ!年間パス買わなきゃ!(飛躍しすぎww)

つまりはそれぐらい楽しみってことです。
でももしそーなったら
私が夢にまで描いている、『すみれちん世界のディーバに』も夢じゃなくなる
いやアトラクションまでいったら『宇宙のディーバ』にもなってしまう
大変!すみれちんが宇宙人に見初められてしまう。
イケナイワすみれちんはひとづまだもの!








とか


とか



色々言ってますが

全部冗談のようで本気のようなたわごとです。
どっちにしろまだ海のものとも山のものともわからないものなので
悲観的にならず純粋に楽しみにしていようと思ってます。
(エリザのとき散々モチューを叫んだお前が言うな)(というお叱りが聞こえなくもないw)(が自分に合わなければ観に行かなきゃいいということもモチューで学んだので)(ま、どうせ、行くんだけどね)(そこにすみれちんがいるなら!そこに山があるから的なね)
ね!


今までこうめいさんとかケタさんとかすみれちんのことを
よくわかってる方がプロデュースしてくださってて
それはそれは最高の世界観でしたが
また新しい形でのプロデュースがあってもいいと思うし
なにより
割りとずっと関わって下さっているすみれちんのことが大好きな五木田さんだっていうので
どんな風になるのかなぁと期待しているところです。
ミュージカルに関しては、
音楽ありき(歌の上達に必要であれば)のミュージカル出演って
ずっと言ってるので、
ミュー単体での大きな期待はしすぎないことにしている(私が)
○とか○とか○とかすばらしかったけどもね!
ずっと同じとこにはいられないことは、すみれちんが一番よくわかってそうなので
いろんな新しいことをしてくれてそれがただ純粋にうれしいだけです。
すみれちんがかわいいことに変わりはないんだもの!(イタクテ上等)


実際に五木田さん作曲の歌も歌ってくれましたが
とっても良い曲でしたよ。
五木田さんの曲はいつもとっても難しくて1回じゃ咀嚼しきれないのですが(私が)
あんな(世界観含め)難しい曲を歌いこなせるのはすみれちんぐらいしかいないと思ってるので(ファンですから)
他の曲も早く聞いてみたいです。

そんで、実際すみれちんが妖精になって舞台にのる日がくるかもしれないと思うと
今から鼻血とめるティッシュを大量に用意しておかなくては!と思うくらいに楽しみです(え)
身近なまわりやここで
すみれちんは、世界のディーバか!?妖精か!?女神か!?
とか
叫んでましたが(わりと本気)
それが具現化しそうでぼくはこわい
いや、これが妄想が現実を超える瞬間ですかね!
事実は小説より奇なりですかね!(ちょっと違う)







会の最後に一言話してくれましたが
こんなマイペースで皆さんに心配されてしまう私ですが
とか
言ってまして
それでもこうやって来てくれる皆がいるからがんばれる(ちょうニュアンス)
みたいことを言ってて
すみれちんがマイペースなのは今更なので(笑)
いつもいつも新しいことに向かっているすみれちんを
応援する以外にないのですよ結局は。
なのでそのマイペースに合わせてのんびりいきたいです。


はやく、妖精さんに会いたいなぁーー




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。