上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おひさしぶりーふ


先日CSでやってたうめげーナビゆー番組にすみれちんがご登場してました。
がわいがっだーー(泣)(いちいち泣くな)

ビルボード終演後っぽい感じでして(多分大阪かしら)
一舞台終えてポッポなってる感じが色っぽくてちょうかわゆかったです。
タカラヅカ100年へ向けてのメッセージ的な感じでしたが
最後に
「どうぞおよろしくね」って言った時(言ってないw)
肩をあげてキュッてなってたのが
すごく女子っぽくてぎゃーってなりました。
お衣装もビル板ラストのピンクいやつでしたし。

久しぶりに動くひめさまをみて、生きてた生きてた!とはしゃいでました(当たりまえw)


そしてゆひたんの方も始動されたようで
先日製作ハピョーされてました。
お姿はそんなに変わらねど
隣に写ってたポスターらしきものに
全世界が血の海に。
ニナミカ女史の仕上がりということで
大変に退廃的で情緒満載エロさ満載
全体が赤というのがそそりますねっっ(吐血)
脇肉とももふとご披露ということで
色っぽくくずれゆく耽美が観れると期待しております。ぐはぐは。



そんなこんなで
すっかり妖精の世界から抜け出たお二方それぞれですが
やっぱり妖精の国はすきなので
先日
ベルばら特出みてきました。


私のひめさまは板の上にのることをすっかりお休みされてるので
戯れにひめさま(のような人はおらんかね)探しの旅にふらふらしてたら
うっかり捕まってしまいました。


似たタイプだとは思っていましたが
これまたエライ姫様っぷりでグデングデンにやられました。
以前からブームがおこりつつあったわけですが
あまりに可愛すぎてしにそうになりました。


一回みて大変にすばらしくて
興奮してはつじょーしまくってしんぼーたまらんちんになって
当日券でもっかいみてきました。
できれば何回でもみたい
つまり
てるカル様ホンットに素敵でしたのっっ
かなめ姫ホンットにかわいらしかったのっっ(すっかり姫呼び)

あんなに可愛くて姫体質なのに
とても信念に熱くバスティーユなんかは殺気だってさえいて
まさにオスカル様でした。
むしろ漫画からそのまま抜け出てきたようなほどの美しさとスタイル
いや、あのオーラにやられまくってきましたよ。



きっとお綺麗で似合うんだろーなー

それぐらいのゆるい気持ちで観劇してたら
あまりにオスカル様でべっくらこいた。
そしてそれを大きく包むちえドレ。

星くみ時代はあまり存じ上げませんが
短期間のお稽古で、あの関係性を築けたのは
この2人だったからな気も致します。
しかも星時代とは違い
お互いが同じトップという立場になってからの対峙
2人が真っ向から真剣に向かい合っていてのオスカル、アンドレの立ち位置にいて
ぶった切り脚本が気にならないくらいのとても自然な流れのお二人でした。


そして恋に恋するオスカルの姿はフェルゼン編でしか出てこないので
一幕では今回それが思うぞんぶん出ていて
恋するオスカル様(てゆーかかなめ姫)めためたに可愛くて儚くて
隣にいるちえさん、よく二幕まで耐えたなと思えるほど
色っぽい仕上がりでした。
(´Д`)(´Д`)(´Д`)
ずっとこんな顔で観劇してたオレ。オペラの下の顔は誰にも見せられない。
がわいがっだぁぁぁーー


フェルゼンに思いを寄せるも打ち明けられず
むしろ図星さされて
手をグーにして口元にもってきてぷるぷるしてる様が
ギューッてしあげたいくらいに可愛くて
はやく!ちえドレ!

姫を守る者を全力で探してあげる勢いでした(私が)
一幕ラスト
フェルゼンに「私を密かに愛してくれた人は白バラのような人でした」
と言われて
またしても手を胸元付近にもっていって涙を流しながらフェルゼンを見つめる姿が
乙女モード全開。
その白手袋をした手が胸元に咲いて
ホンットーに麗しくて儚いオスカルお嬢様。
なんで今までバレなかった!?むしろバレバレだろっっ

客席総突っ込みするほど、恋する乙女がそこにいました。
あの場面で泣いてるオスカルなんてはじめてみた。かわいすぎた。

二幕は、アンドレの愛に気づかされ
私をあげる❤と決めてアンドレを呼ぶも
星をみたり人生振り返っちゃったりと
わかりやすくダイナミックに緊張していて初めて感満載(´Д`)
それに相反して慣れた手つきのアンドレ(でも嬉しさで涙していた)
今宵ひとよは歌舞伎の型に嵌った体操みたいな振付だと思っていたのですが
チエテルのそれは大変に色っぽくてムード満載で
なんだか全体がピンクに染まっているようで超絶R18な今宵ひとよでした。
ちえドレを見つめるも恥ずかしくてちょっと下を向いてしまったときのかなめ姫の色っぽいことよ。
それを強引に顎をもって上を向けさせるちえドレの男っぷり。
よく鼻血我慢したなオレ。ぜーはー


(しかし何が羨ましかったって、この立場になって同時に特出しての今宵ひとよが公式で行われたことであります)(トップになって最後の最後の+CAでよーやく一緒にさせてもらえたオサアサから比べたら全身の毛穴がたつほどうらやますい話であります)(公式ラブシーンなんてよぉぅ)



そんな片腕アンドレをなくてしてからのバスティーユ
鬼気迫る迫真の「ゆこーーー!」が魂からの叫びでした。
すごく自分の信念に忠実で真面目で力強いオスカル様でした。
髪を振り乱して戦う姿が歌詞の通りブロンドの髪を翻していて
夢をみているようでした(それぐらい美しいってことです)


フェルゼン編ですので
ガラスの馬車が迎えにこないことが残念でなりませんが
きっと奈落の底で幸せになったと思います(小雨ダンスでセリ下がりで実感)


・・・



えーと

色々ほめすぎですw

いや、しょーじき元々の入りがとても低いところからだったのです。
お綺麗なだけでなんとなく全部あっさりな印象で(実際ゆひたんのラストの時もそんな感じで)
でもトップにおなりになって役作りとかに厚みが出たようにみえて
実はこんなに熱いんだ!とか真面目か!とか思いまして(色々失礼すぎ)
あの麗しい涼しいスカシた顔で皆と群舞で揃えて真面目に踊ってるだけで感動する有様(失礼にもほどがあるw)
すみれちんも昔はすみれのSはスカシのSって言われてたし。
中身の情熱が外に出にくい誤解されやすいタイプなんだなー(´Д`)
とか
おもいなおしたらあら大変。


つまり
あれからしばらくてるカルからかえってこれてません。
私のひめさまが板の上に帰ってくるまでのこの期間を
違うひめさまで埋めようという合理的な脳みそですいません。

というわけで


愛がいっこふえました(爆)(爆)(爆)


しばらくはヒャーヒャーキャーキャーハァハァ言ってると思いますが
放っておいてください。
生温かくみててください。
人にはそれぞれの時間軸があって巡り合わせがあるんだと思うんです。
それはまわりにはわからないものだしそれをギリギリして見てるより
待ってる側ものんびり楽しみながらのがよいと思うのです。
無理なら無理でいんだしねー。
ということでしばらくはこのマイブームノッて楽しんどきます。
さていつまで続くかのこの熱中症(笑)




つまりはやっぱり
特殊な空間で美しく光り輝いてる舞台がすきだなーと思うわけであります。




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。