FC2ブログ
春の定例(になればいいな)の
ビルボード

春ボード

に行ってきました。


前回よりも更に大人っぽいしっとりした質感に仕上がっていました。
1つの楽器の音とすみれちんの声だけ
という時間があったりしてそれってほとんどアカペラなんじゃないかと思うほど
贅沢な時間でした。
楽器奏者4名の音とすみれちんの声という楽器の音
5つ音を大変に楽しんできました。

全体の構成は
ポップス
ミュー曲
セッション

3つで、ミューのところにマテが入ってました。


相変わらずの初日っぷりで
ガッチガチぽかったポップスですが
マテご登場で、マテとトークしてからはだいぶ砕けた感でした。
マテホントにありがとー!
マテとお話してる時のすみれちんは
なんだかとても優しくて
日本語を一生懸命話すマテをフォローするように優しくゆっくり会話してました。
でもマテのギャグに全く気付かないすみれちん
突然セリフを言い出すマテをまったく流すすみれちん
とか
会話がかみ合ってないことを何の苦にも思ってないお二人で(笑)
すごくマイペースなお二人はやっぱりマイペースで不思議なテンポでかみ合わないまま
仲良くすすんでいきました。
いや、だいぶおもしろかった(笑)


ハケタさんとのトークも全くかみ合ってませんでしたが(笑)
それをハケタさんが面白がってるようにうまく流していて
すみれちんて会話がかみ合わない面白さの妙をもつ天才だなと思いました(褒めてる)


そんな不思議なすみれちんですが
歌は今までのコンサートで歌われた曲を使っていたり
でもアレンジが新しいので新鮮だったり
色んな懐かしい思いが溢れました。

番宣で何度もすみれちんが「ラグジュアリーな空間を作りたい」とおっしゃってたように
ホントにらぐじゅありーで大人すぎて
どこの高級会員クラブかと思うことが何回か。
タカラヅカやミュージカルやコンサートみたいなものを期待していくと
ちょっとびっくりするかも。
それぐらいしっとりした大人な空間でした。
ぜいたく(´Д`)

まだまだ初日だったので
客席もすみれちんもかたかったし
わたしも全く咀嚼しきれてませんが
すみれちんの歌うファンテーヌが忘れられなくて
思い出しただけでも泣きそうです!たまりません!(ゆめやぶれてよりもっといいものが待っているze)



初日だからってネタバレ気にせずガンガンいきます。
まだ未見の方は見ない方がいいかもよ。
しらないかんね


セトリがなかったので
知らない曲とか曲名がわかんないものもあるのですが
何となくのながれと覚えているものを。


衣装は全部で3つ

ポップスの時は黒のスーツ(スタッフブログに上半身あがってたやつ)(あれの下もそのまま黒のパンツです)
途中ジャケット脱いで中の赤地のシャツ(?)とベスト姿で歌うときもありました(これサイコーにかっこよかった!)

ミューの時は、たぶんファンテーヌをイメージしたっぽい(気がした)白の足元隠れるまでロングのワンピース
ターコイズっぽい飾りがついてるウエストマークがあって
髪飾りやアクセもターコイズでまとめてありました。
髪はハーフアップの横流し(てゆーのかな)でマテに思いっきり「鬘ですね」って突っ込まれたw
全体的に森ガールみたいなイメージなんだけどどうでしょう(聞くな)
いや、森ガールってか森の少女みたいな
綿生地のワンピースでしたので。

最後はピンクと白の縦縞ロングワンピ
髪は後ろアミコミの夜会巻き
足元サンダルだったよ!(とおもう)足の先がみえたよ!
肩のあたりがシースルーになっていて
すみれちんの美しい肩がスケスケ越しに見える大変よいお洋服(書き方がサイテーだなw)



登場早々
♪恋におちて

この曲はもちょっと会場があったまってからじっくり聞きたかった気もするのですが。
というかいきなり聞きたかった曲から登場したので私の準備がままならなかった(何の)
なんかわりと高めの声で歌われていて
改めてすごく女性声になられたなーと思いました(今更)
いや恰好が男役風味な黒のスーツだったので尚更

♪トゥルーラブ

あすなろ白書のあの主題歌。フミヤのあのうた。
下級生の暇だったころによくみてたドラマだったらしい。

♪はるよこい

ユーミンのやつ。


こっから上着を脱いでスタンドマイクでちょーかっこよくなって
♪ルビーの指輪

多分ポップスの中ではこれが一番すき
てか、一番似合ってた。
いやまじで久しぶりにカッコイイっておもた

♪ワインレッドのこころ
安全ちたいのやつです
アレンジがちょっと違ったのかな
なんか男と女コンでケンヤさんと踊りながら歌った曲の雰囲気に似ていて
だいぶ好き


抜けてるものとか順番違うかもだけど
すみれちん世代より上の方々にはとても馴染みのあるポップス曲ばかりでした。
んーこの辺はまだ初日な感じ満載でしたのでまた日を追っていくのが楽しみ。



ハケ際、脱いだジャケットを肩に担いではけてったんですが
そのいかにも男役風情な居方に恥ずかしくなったのか
ちょっと肩をすくめて笑いながらハケてったのがちょうかわゆかったであります!




インストのあとマテご登場で一曲ドイツ語(かな?)で歌われたあと
森ガールすみれちんが
♪ゆめやぶれて(日本語)
で登場

そのまま
♪ファンティーヌの死

いや、これ、まじで、ヤバカッタ!!!!!!!!
ファンテーヌが病院でバルジャンにコゼットを託して
コゼットを思いながら最期を迎える時に歌う歌ですが
マテバルジャンがとても優しくオサンテーヌを包み込んでいて
マテの腕の中で懇願しながら泣きながら眠りについていくすみれちんが儚くて切なくて
マルグリットのラストを見てるようで(すみれちんも泣いてた)
私の動悸が!ヤバカッタ!たまらんカッタ!
歌い終わった後もしばらく二人抱き合っていて
まるでひとつのミュージカルをみているようでした。


その後マテとちょっとトークしてました。(お話しながら、さっきの歌で泣いたであろう涙をぬぐいながら話していてかわいかった)
初めて2人がお会いしたのは一昨年の年末らしいのですが
すみれちんたらまったく覚えていず(マテに「忘れましたか?」とか心配されてた)
どうやらこの日はチョー緊張してたらしく、今何も思い浮かばないって言ってた。

マテのちょっとづつうまくなっていく日本語と
だんだんこわれていくすみれちんの日本語がかみ合わなくて
最高におもしろかったです。
マテが学生の時に初めて演じたのがバルジャンらしく思い入れも深いとか。

また時折マテがセリフで覚えた日本語を突然言うもんだから
すみれちんたら抱えきれなくて流してた。
(「男女の性的な接触で」(byエリザ)とか「透き通るように美しい肌」(byミツコ)とか急に言い出す)(男女の~はリハの時突然マテが言ったらしく、はるのさんたら「マテったらとうとうおかしな外国人になってしまった」と嘆いたと思ったらしいw)

すみれちんの喋るペースがゆっくりだからマテも聞き取れるみたいです(良い効果)
いやもう爆笑の渦だったよ。



マテとお話してる時
始終右側のスカートを気にしていて
相変わらずおしりかゆいの状態でお話するもんだからお母さんドキドキw


♪最後のダンス

マテが歌うダンス(3か国語で歌えるマテはどれにするかその時決めてるぽかったのでこれ日替わりかも)
その間すみれちんはピアノの寄りかかって聞いてるだけだったのだが
突然前に出たので「え?うたうの?」と思ってたら
ハミングとカゲコみたいな俺のものをちょうカッコイイ声で歌ってました。(すみれちんは日本語)
森の少女みたいな恰好してちょうドスの利かせた声で歌うもんだから
そして日本語ドイツ語入り乱れるもんだから
すごい世界観の最後のダンスでした。
圧巻!

♪踊るとき

そのまま二人で日本語で私がおどるとき
すみれちんのちょうドヤ顔ひさしぶりw
公演中に歌ってた時よりすんなりはいってきたので
あの時のキンチョー感が溶けての、いま、きける歌声な気がしました。


インストのあとすみれちんお着替えでピンクのおドレ
ハケタさんと少しトークしてました。
ハケタさんたら割とジガジサンタイプのことをさらって言われててちょっと惚れた(ピアノの前はギターをやってたらしく、すみれちんに「モテたかったから?」と聞かれて「いや、もうモテてたし」とさらっと)
楽器を始めたきっかけと子供の頃の夢
自転車好きだというハケタさんに相変わらずシロウトすぎる質問をするすみれちん
(当時はキラキラした自転車が流行ってたという流れですみれちんたら「コマ付きのとか?」w)
2人の想像してる自転車が全く違うもので
話がかみ合わなくて、ハケタさんが笑ってました。まったくもうかわいいなー

その後各奏者の方と楽器へのきっかけを話したあとそれぞれとセッションしてました。

♪ギターの方とオーバーザレインボー

前回のビル板でも歌った曲
今回はギター一本と歌

♪ベースの方とThe Man I Love

前回のショパンサントリーコンでもセッションしてた曲。
イスに座ってしっとり歌う色っぽいすみれちん再来(´Д`)

♪ドラムの方と踊りあかそう

ドラムとセッションってゆーのがすっごく新しくて
お互い楽しそうでリズムで遊んでおられました。
これがいちばん好き(´Д`)



最後は前回のビルボードがちょうど震災の時だったので
そのことに触れつつ
なんだかしんみり自分の人生について語っていて
ちょっとドキドキした(今後の発表も特になかったので余計に)
♪ザプレイヤー

って曲らしい(調べたらセリーヌディオンの曲でしたたぶん)
マテと言語は違えどデュエットしていて
なんだかすごく優しい綺麗な曲でした。


アンコールになんかもいっこ歌ってました(ジャズの曲らしい)


なにせ初日(もちろん私も初見)なので
ただの羅列でおわってまいました(いや曲を追うのに必死でして)
とりあえずマテとの距離がちかいちかい
とおもいましたがw
すみれちんはわりと上手を向いてることが多かった気がします(位置的に)
上手の方ウラヤマシス(オレ下手だた)
いや、とりあえずは背中を堪能してきたわけです!
日を追うごとにもっともっと深まっていきそうな
熟成していくワインのような公演だと思う。たんのしみー!



いつもひとつ始まる時に次の何かを発表することが多かったのですが
今回は全くなにもなかったので
次はないのかなーとドキドキしております

とりあえずは
今!この!春を!全力で楽しみたいと思います。

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL