上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月末、ゆひたんが舞台にたたれるということで行って参りました。
やっぱり板の上に乗ってるゆひたんが好きなので
むりやり休みをもぎとってきました。


人間こくほー様とはるかうえの上級生様ほかとのご共演
まるで最下のようなゆひたんは
たいへんに
たいへんに(2回言った)

かわいらしかったですっっっ(結局ソレ)



上方の演芸イベント

なっていたので
もちょっと踊り有レビュー有みたいなやわらかい感じかと思ってたら
わりとがっつり日舞でした。
こくほー様の舞を見れるとあって大変お値打ちな舞台だったかと思われます。

そのこくほー様の舞に挟まれた形での順番で
業平を舞われたゆひたん
鼓を打ち鳴らしたながら足を踏み鳴らして舞ってる姿が
相も変わらず
カワイスギテッッ

タカラヅカの舞台じゃないし、伝統のある舞台なので
もっと厳かな気分になるかと思いきや
舞ってるのはゆひたんなので
感想がいつもと変わらないったらありゃしない



踊りのことはさっぱりわかりませんので
ゆひたんの感想だけをば






水色のお着物に片腕通して下は赤(かオレンジだったか)のお着物で
烏帽子をかぶって鼓を持って舞台上手中央のセリからご登場されました。



その前にこくほー様の口上、一踊り、こくほー様の舞
があってのゆひたんご登場。
ゆひたんご登場の直前に短い休憩があったので
休憩終わりには
客席の皆様は
次くるゾー次くるゾー

緊張感がはんぱなかった。


セリから上がってきたゆひたんは
大変に
大変に
お綺麗でカッコよくてキラキラしてて輝いておりました。
拍手を受けて輝くその華を板の上でみるのがやっぱりいい。

決して踊りは上手とはいえませんが(おい)
客席の視線を感じて舞ってるのが
舞ながらどんどん自信をつけていってるようで
本当に立派で素敵でした。
出てきた瞬間泣いたオレ


お化粧は日本物のアレですわ。
まっちろ
白塗りゆひたんはお餅のようでしてね(でれでれ)
白いお餅が足を踏みならしながら
鼓をぽんぽこしてる姿がかわいくってかわいくって。
立派に舞ってて感動だわー
という感情と
ぽんぽこもちもちかわいーわー
という感情が
混同する
大変に忙しい舞台でした。


最後は下手側にある花道を通って大きな拍手を受けながらはけていかれました。
その間約10分ほど。
いやー見目麗しくかわいい勇姿を堪能堪能



舞台の最後の最後に
出演者全員出てらして
手ぬぐいまきがありました。
こくほー様はすっかりお化粧を落とされたお姿でしたが
ゆひたんは業平のまま
お姿立派なれど、周りは上級生ばかり
きっとここの流れはそんなにおけいこされてないんだろーなーという感じで
キョドキョドしながら手ぬぐいまくゆひたん
隣のショーちゃんの動向を確認しながらちょー挙動不審
ナンダ!アノ!可愛さ!!
まるで研一さんみたいでした(爆)
手ぬぐいをまく感覚も不慣れで
本舞台→花道→本舞台と移動しながら皆さん上手にまいてるのに
ゆひたんたら花道のわりと最初の方で全部まきおえてしまって
手持ち無沙汰で移動しておられましたくそーかわいー
私が観たのは2日間あった3回公演の楽でしたが
楽なのに手ぬぐい感覚つかめてなかった辺りにまたもだえる

きっとすっごくすっごく緊張したんだろうなー
という舞台でした。


なぜか慣れ親しんでいないすごくアウェーな場所でw
でまちがありました。
お見かけしたお姿は信じられないぐらいお変わりなく(笑)
ご卒業したなんて信じられない(笑)
もはや笑うしかない(笑)
もうちょっと、もうちょっとだけ
女子かしてるかなーとか
期待してたんだけどなっちぇっ(笑顔)
ゆひたんもいつかスカートをはく日がくるんだろうか(遠い目)

この先も特に何かをされるかは出ておりませんので
どうなるかわかりませんが
一度くらいは舞台でなにかを演じてみてはもらえないだろうか

土下座する気持ちがあったりもする。
別に続けなくていいからいっかいぐらいさー
いや
きっと世界が広がると思うんだっ
ジョユーしたらスカートも難なくはけると思うしさっ
結局はスカート姿がみたいだけなような。えへへ。

トークやなにかで出てきてくれても嬉しいけど
やっぱり
板の上に乗っててほしいなぁぁ(とちっさく言ってみる)



Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。