FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅ゲイさんの20周年記念に完全に乗せられおります。
ミルク風呂のもとをいったいいくつもらう気なんだオレは。
ということで
なかなかのベスト配役での本日。
でも、この組み合わせが今日で最後ときいてしょんぼり。


じつは(少数派らしいのですが)おーのくんルドがわりとお気に入り。
彼にはこの世で話あいてがいない時があるように見えるので。



後半からノッてきたすみれちんの声にうっとりしつつ
今日は終演後のお楽しみもあって
不幸なんか始まらなければいいなと思ってみたりする。
いや、こうき様にも幸せになってもらいたいの。



最近すっかりこうき様にくぎ付けですが
毎回出してくるものが違うあたりがすみれちんと似ていて
そして日に日に前回よりも増してししいが好きになっておられます。
マザコン皇帝というよりはししいコンにしか見えんのだが。
確実にママよりししいのが好きなようにお見受けします。

プロポーズの場面で
2人が手を取り合ってくるくるするところで
こうき様ったら、アヒル口に上目使いでおずおずと両手をししいに差し出すんです。
あんな女子特有のかわいい武器をふんだんに使っての攻撃。
ずるすぎるかわいすぎる。
しかし、そんなかわいい攻撃なんか一切通用しないのがすみれししい。
かわいこ武器を気にもせず無邪気に手をとってくるくるしてました。
どっちもかわいいゾこらー!もっとやれー!

新婚初夜があけた朝
ししいに出てって!ていわれたこうき様は
「ししぃ、、、ししいぃ!!」て2回言ってました。
動揺しすぎである。
こんなに好きなのに愛が報われないフランツィ(。・ε・。)
そのかわり、1幕ラスト
あなたと共に歩いていきますって言ってもらえて感無量だったのか
泣いておられました。
このままで終われば、とりあえずししいは傍にいてくれるかもしれないので
フランツィ的幸せの為に今日は1幕で終わってあげてもいいんじゃないかと思えるくらい
けなげな皇帝陛下。
・・・私どんだけおかださん好きなんだとたまに思うw


すみれちんはというと
少女じだいの間は少し調子が悪いのかなーとドキドキしたのですが
結婚したあたりからそれまでを巻き返す勢いでした。
私だけにが久しぶりにきれいに伸びていてうっとり至福。
子供を産んだ後からが大変に艶っぽい顔になっていくのが好きです。
ますます艶やかなになられる大王
ほらごーらんーこんなにー私はーふるえーてーいるーーー

歌い上げました(心の中で)



冒頭でおーのくんルド推し宣言してみましたが。
歌も踊りも技術はトンデモですが(言ってまった)
顔の表情が豊かで、トト様やトトダンサーの動きにイチイチが顔で表現されていて
その翻弄されっぷりが
この作品の中におけるルドルフの優柔不断さと相まってるような気がして
かなりお気に入りです。
革命の中心に引っ張り出されて乗せられてその気にさせられてしまった皇太子感が
あのヘナチョコダンスに表れているのだと思います。
おーのくんすでに自分で踊る意思がないように、すべてをダンサーに委ねて踊ってたりします。
そんで、たまにお顔がイッてしまったようにほんのり笑ってるときがあって
この人もまたヴィッテルスバッハの血が流れてるのかもとワクテカしました。

そしてししいと違うところは、彼はひとりでは生きられなかったこと。
いっそルー様やシシイみたいに自分の世界で生きれればよかったのになー。
ひとりの世界にいききれなかったので
いつも誰かが傍にいないとダメな子でした。
革命があったころは革命軍の皆がいてくれたけど、それが失敗に終わったとき
縋り付いたママには強く断られて
目の前に現れたマリー(トトダンサー)に破顔の笑顔で飛びつくも偽物で
結局最後はトト様に縋りついて
子供の頃に遊んだ鉄砲を笑顔で握りしめてヨミの世界に行ってしまうおーのくんルド
だから死んでしまった時はむしろ安らぎを見つけてよかったねと思ってしまいました。


その後の霊廟の場面でのすみれちんがおーのくんとリンクしすぎてて
鏡同士が頭んなかでリプライされて震えました。
すみれちんは、息子の死を嘆いているというより
先に安らぎをみつけた息子を羨ましく思ってるように見えたから。
なかなか自分がいけない安らぎの場所に先に行ってしまった息子を妬んでいるようにさえ見えた。
そんな心の叫びが聞こえて
でもこんな時に限ってトト様は迎えてはくれない。
最後の悲痛の叫びが辛すぎて心臓が痛くなりました。




さて



今日も今日とて
丸様トトは更に野獣化してねっとりからみついていましたが
ショージキすみれちんのデコルテとか触りすぎてるんじゃない!とか思いました。キー!!!
しかもちょうスローでねっとりじっくり
触れるか触れないかぐらいをたもちつつ首から肩から触るの。
そのまま胸元に手を突っ込むんじゃないかと思うほど。
そんですみれちんもまんざらでない顔してやがんの。
羨ましいにもほどがあるってんだよね!!(そこ)


今日テッペンの最上手からみて(今更)気づいたことなんですがね。
婚礼の衣装に舞台上でお着替えするとき
トトダンサーの方が後ろからすみれちんの衣装をお脱がし遊ばしてるんですね。
そのチャックを下す役が超絶羨ましくってギリギリしました。
あれ、いいなぁ~




最後のカテコでは
丸様からすみれちんに投げチューがありました。
少し迷ってから(笑)すみれちんから丸様へ返し投げチュー
それを受けて丸様が客席に投げチュー
ちょう間接的にすみれちんのチューをもらいました(ポジティブ上等)



この後アフタートークがあったのでカテコはほどほど
トークは最後つーこくの場面のお衣装でしたの。
これちょう好き。
夜着が似合う女ってちょういい女ですよね!(異論は認めない)


長くなったのでトークは別で。



Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。