上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名古屋での楽も無事終えたようで、
(オレが勝手にww)昨年10月末からモチューモチューと叫んだ公演もあと一劇場となって
そうなってくると寂しいやら大阪もんとしては楽しみやらでございます。

ゆひたん嵐のあと、こちらもすっかりになって
すでにどんなキャラで文章をかいてたか忘れかけておりますが
残そうという思いだけが残って日々が流れております(全部クソ暑い夏が悪いんだヤイヤイ)(夏苦手)


ということで
楽を記念して、名古屋も行った思い出だけ。
あちらではヘベレケになりながら叫んでましたが(いつも)
実は2回行ってました。


1回目は記念すべき千回記念。
2回目は例のエルフの日


どちらもトトはゆー様トトだった訳ですが
ゆー様相手だとすみれちんも強気な気がいたします。

〇様トトは男性的色気で攻めてくるので
恋愛ぽい雰囲気のトトとシシイになるのですが
ゆー様トトは性別を超えた感じなので
あまり恋愛ぽさを感じない。
お互いが惹かれあってる感じもうけないので
最後の幸せ感があまりなくて寂しい
けどとっても不思議な魅力のトト様なので色々目が離せない、いやおもしろ(ry


そんで2回めはじつは初ぜん様フランツィ
前回の期で一度拝見しておりますが
すみれちん相手だとどんな感じかは今回初めて体験でした

まだ全キャストにあえてないのですが(なによりマテトトがまだ未見)
なんとなく自分の好みの組み合わせがわかってきたので
その当りを参考に大阪は攻めてみようと
ホントにモガアケタ感が出て参りました。



記念すべき千回は、今期初参加のすみれちんには関係ないけど
お祝いごとは好きなので(私が)
一緒に祝うべく参加してきました。

カテコは動画に上がったので詳細はいいかな。
かわいかったとこだけ(それいつも)

スペゲスにいっちゃんがいらしたので
すみれちんは一キャストとして後ろに並んでおりました。
だけど、最後の方のカテコで
ゆー様に前に引っ張り出されておりました。
それでも千回キャストに気を遣って、外側に外側にいこうとするすみれちん
そして真ん中の方々に拍手を送られておりました。
その間もゆー様は
手を離すとすぐに逃げていきそうなので離さないよ
的に、すみれちんの手をずっと握ってました。
ホントに手を離すとすぐに後ろに後ろに並びそうな人なので。
ゆー様ありがとうございます。

最後の最後のカテコまでずっと手を握られたまま

お手フリフリしようとしたら、隣のゆー様はお辞儀をしてて
それに合わせて慌ててお辞儀する姿が
なんだか慣れない感じでかわいかったであります。



そしてまさかの毎週名古屋と相成りまして
名古屋2回目そして最後の遠征でした。




こうき様フランツィは皇帝としてはどうかと思うほどにししいにベタ惚れですが
ぜん様フランツィはしっかり皇帝様なので
ちょっと冷たさもありで寂しくなるときもありました(何分こうき様フランツィはヒモ並にししい大好きなので)
でも、だからか
皇帝に対する皇后という姿がより出てて
更に強いししいだった気がします。

霊廟の場面では
4日のこうき様は、すみれちんにすがりつくように後ろから抱きしめておりました。
そんなにぎゅぅぎゅぅしたら、すみれちんが折れちゃうっ
て思うほどに
力いっぱいすがりついてました。(ししいは朦朧としてまったく見てませんでしたけどね)

11日のぜん様は、悲しみで朦朧として泣き崩れそうなししいを
棺の方に向かわせるようにそっと背中をおしていました。
そーかー、後ろから抱きしめたりしないんだー
とわりと驚いた。
いや、こうき様がすがりつきすぎてるだけな気がするのですが。

その辺りでも、ぜん様の皇帝としての強さを感じました。


すみれちんの歌に関しては
帝劇の初日を思えば、高音の伸びはとてもきれいになってきてる気がする

病院訪問のラスト歌い上げは、
ヴァイオリンの音とすみれちんの声の2つの音が1つになる瞬間が大好きです
2つの音が線になって目に見えるようにゆっくり絡まりあって混じりあって1つの線になって
劇場を突き抜けていくのが感じれて、それがとても神聖で緊張感があって
響き終わったあと、「ほへー」っと声が出そうになります(私が)
体感2時間ぐらいの響きです(大きくでた)

すみれちん特有の発音が遺憾なく発揮されていて
時たま何言ってるかわからんときはありますがw
なんでもかんでも言語だけで伝えることが大事じゃないんだゾって思ってます(こら)
大切なものは説明できないんだよ

あります(再こら)

9月になってよりなれ親しんだ梅げいでの歌声に更に期待が高まります。
関フィルでのあの歌声リターン期待。
あ、大阪では殿ししいも観劇予定。
全然違うししいと聞いてるので、その違いもたのしみ。




さて



11日のお楽しみは、終演後。
ゆかたの妖精がくるって言うのでね。

いらっしゃる前に、
すみれちんのゆかたの色を当てたらお写真貰えるゲームがあったのですが
私、すみれちんだけに紫と書いて撃沈しました。
希望はピンクだったのですが、まさかホントに着てくるとは思ってなくて(オレのバカバカ)

(こっそり)いや、本音では以前のブログで上げてらしたプラベゆかた姿を思い出して
白かなーとかも思ってました。
ほら、あの、髪長くて白くてほっそり立ってたやなぎの何とかみたいなこの世の者でない感じのゆかた姿。
いや、あれ可愛かったけど(こっそり終わり)


いざ、ご本人がきたら
自分が何色を書いたかなんてどーでもよくなるぐらいに可愛くてだいこーふんの惨状(まさに惨状)
こーふんの叫びが凄かった(主にオレ)
いや、マヂデカワイカッタシ!!!

肩ぐらいまでの明るい色のボブの髪型に右側だけ耳上に少し上げていて
オレンジがかったピンク色(ピンクグレープフルーツみたいな色)に大柄のお花があしらわれたゆかた

お召しでした。
髪型もボブでまっすぐで体も細くてまっすぐで
まさにマッチ棒みたいだた。
いやーかわいいかわいい

お手紙受け取ったあと、少しお話しされてました。
ゆかたの方もちらほらいらっしゃったので、それをうけて
それで観劇したのか
とか
みんなどっからきたのか(地元の人かどうか)
とか
それで新幹線のったのか
とか
根掘り葉掘り聞いてました。
そーいえば、あさきの出の納涼イベントの時も
扮装してたファンの方に
そのまま帰るのか
とか
そのまま電車のるのか
とか
わりとアリエナイこと聞いてたなーかわいかったなー

すみれちんにとって、着替えるところは「トイレ」という選択肢しかしらないような気がする。


あと、ゆかた色あてゲームをしてたのはすみれちんは知らされてないようで
ゆかたの色を言わされた後、皆が狂喜or落胆の叫びを聞いて
ぴよってなってた。
可愛かったからなんでみんなが叫んでたか知らないでいいと思う。


またゆかたでも洋服でもいいから応援きてねー(ニュアンス)
的なことを言われて帰っていかれました。

あんなにちゃんと着付けして可愛くしてるんだから
そのままお祭りにでも行けばいいのにねー

ニヤニヤしました。
あ、でも、そのままお祭りに行ったら迷子になってさらわれてしまうので
やっぱりいい。
とのー!すみれちんをまもれー!(拳ふりあげ)



そして



この日の帰りは新幹線でした。
名古屋から大阪は乗車時間が短くていやだわん。
でも
エルフの余韻に浸りながら必死に時間の限りに飲んだら
ベロンベロンになりましたとさ。
いや
エルフにベロンベロンか。(どっちでもいい)


あのエルフ、もうすぐしたら大阪にくるんだってよ。ぐふふ。









Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。