上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タカラヅカでの開催もお席は抽選だったんですけども
今回も東京の時のように無心で行こうと決めて
『無欲にならねば!』という思いでひいたら(すでに無欲でない件)
案の定
一番後ろをひきました。
ビックリするぐらい一番後ろでした。そんなもんであります、現実は。
でも
ご登場時の扉には近いお席でしたので
そのあたりはよく見れました。

それに
迷子ゲームでは、いっぱいウロウロしてくれたので
お近くもお通り遊ばしました。
うわーい!


今回のすみれちんのお召し物はスカートではなかったので
露出部分が大変少なかったのですが
短めの丈のパンツスタイルだった為
足首付近は盛大に露出しておりました。
その辺りをありがたく拝んだりして、ゆひたんファンのお友達も一緒に楽しめる内容でした。(類友)


まずはその辺の盛り上がりから(おちゃかいと関係ない)

以前のゆひたんのおちゃかいでのお話です。

博多の夏の日本物での開催時
ゆひたんは着流しを着て登場されました。
その時非常に盛り上がったのは
ゆひたんのアキレス腱でした(どこ見てるかと)(そりゃもう身を乗り出して拝みましたさ!)
ゆひたんのアキレス腱は大変に締まっておりまして
骨のまんまのような細さでした(骨まで愛せるオレ再び)
じぇんぬらしい人間を超越した輝きでした(大きくでた)


そして
今回のすみれちんのおちゃかいでのお話です。

すみれちんのアキレス腱はわりと骨太でした。
そこは人間ぽいなとも思いました(他が女神の域で細いので)
骨太なアキレス腱をお持ちで
しっかりと大地を踏みしめるにふさわしい骨でした(そんな骨まであ(ジチョー


ゆひたんアキレス腱とすみれちんのアキレス腱を比べて
その違いにきゃーきゃーしました(もはやイミフ)
そしてその提案をしてくれたのがまさしくゆひたんファン。さすがオレの友。ヘンタイ。(たぶんココは見てないだろうから盛大に言いたい放題)





さて




≪ゲーム≫

盛大に関係ない話をしたとろこで
そんなアキレス腱をじっくり拝みつつ
迷子ゲームであります。

東京ではほぼノーヒントで、しかもそのヒントは「この番号付近」とかゆー
あまり面白みのないヒントでしたので
今回のヒントは、正解の方のお召し物でした。
ヒントの洋服を目指してすみれちんが客席の1人1人をじっくり見ながらウロウロしてました。


そして、ヒント2つまでであててたらすみれちんにもプレゼントがあるというスペシャル付。
なんかもらえるとわかったすみれちんが俄然頑張ってた。
タダで貰うのすきだなーw


今回のヒントはピンポイント杉てしかもわりとポイントがズレてたので
わかりにくい感じでした。
それにすみれちんが突っ込みまくり。
ヒント「白い襟」とかは、ものすっっごい襟を想像されたり
ヒント「スーツ」とかは、ものすっっごいスーツを想像したり

結局会場のみんなのこっちこっちコールで正解に辿りつくことがおおかったです。


すみれちんへのプレゼントは、何故かわりと実用的なものでした。
図書券とか阪急系列の商品券とか。

そして3人目にはヒントが出すぎて、2つのヒントでたどり着けず。
なのですみれちんにはプレゼントがないはずなのに

「もらえないの?せっかくだからちょーだい」

すみれちんたら甘えるようにねだっておりました。
あんなこと言われてあげない訳ない。
みんなみんなすみれちんに甘すぎます。
そして中身は残念賞的に駄菓子でした。
すみれちんに対して子供扱いでした。かーわーいーいー

会場を旅した気分


感想をおっしゃってました。
関西では迷子から旅人に変りました。



≪クイズ≫


東京と同じように、公演に絡んだクイズのような
でも公演観てても全然予測がつかないすみれちんのお答え。
オレほとんど当らず。


面白かったすみれちんメモ

・ジョーがショーコの為に料理を作るとしたら?みたいな質問
相変わらずご飯話には食い付きが凄い
どの選択肢にも「いいねー」とヨダレが出そうな勢いであちらの世界にいかれてた。
そんで
「この後実際料理が出てくるんじゃないのー?」
とか
嬉しそうにしてました。

・・・いや、出てきませんからw

でもホントに食べたそうだった。


・アソングforユーの中で男役を演じるなら?みたいな質問
どれをやってもカッコよくなっちゃうから
みたいに言ってました。
2枚目が前提w
いや、確かにはるのすみれが演じたらどれもカッコイイと思いますが!
結局、すみれちんはジョーを選んでました。
ジョーを2枚目に演じてみたいと。
どんだけジョー好き。


≪おうた≫


東京と同じでイエスタデーワンスモアでありました。

歌ってる時なんとも言えないお顔をされていました。
切ないような
泣きそうなような
懐かしいような

多分、4年前にココで行われたフェアウェルから遡って
現役当時の色々を思い出しているようでした。
それを見てこちらも泣きそうになりました。


『振り返ればほら楽しかった日々』
歌詞がまさに。




最後にすみれちんからもおっしゃってましたが
あの頃に戻れることはもうないけれど
あの頃に築いた確かなものがあるから
こうして今も続いている

みたいに言っておりました。



今この時期に、宝塚で開催されたお茶会にとても意味があるもののように思えました。
たまたま神戸で公演したから
たまたま身近な宝塚での開催だったかもしれないけれど
その「たまたま」がまさに巡り合わせなのかなーとも思います。

今年は大きなもの取り組まれるので、
ご本人も「もがく」とか「覚悟」とかいう言い方をされてましたが
ご卒業されてから時間がたって
また新たに大きな挑戦をする前に
初心に返れたような気がします。




そんなことをつらつら思っていたら
またもやお見送りとか。


いや、もう憂鬱になるレベルでキンチョーしてたのでなにも覚えてないです。
すみれちんに触れたことで(握手といいなさい)
しばらく生きていけそうです。


そして無事にお土産の「枡」も頂けました。

・・・マスて!?
一体何に使えばいいかと。
ドルチェ以上に不思議なセンスのノーツがもはや愛しいです(ヤケクソ)












Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。