上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず興奮のうちに先にこちらを。
神戸はまたゆっくりこっそり上げる(ハズ)アゲタッタッタッタ!!



吹雪が吹き荒れる日本海に向かってサンダーバードで発進して参りました!
つか
能登ナメテタ
能登スゴカッタ
ナメテテゴメン

ホントに雪が横に降っていて、それは大阪ではなかなか見れない光景ですので
大変に興奮しながら、大変にぐったり致しました。
でも
金沢はご飯もおいしかったし、カレーも食べたし、冷酒も美味いしで
カナザワヨイトコ(単純)


そんな嵐吹き荒れる金沢に女神降臨であります。
アソングforユー大大千秋楽に行って参りました。
おちゃかいでの発言からも、ほんとの意味での千秋楽は
神戸の最終回だった気がしないでもないのですが(盛り上がり的にも)
でも
もうこれでこのなかまたち会えない寂しさは
演者も客席も一緒なわけで
感極まる。
というよりは、
しっかり丁寧に大切に。
という感じの舞台だった気がします、みんなが。

皆が1曲1曲をとても大切に歌っていて
1曲1曲終わるごとに確かめ合うようなそんな舞台。
全部の場面を1つ1つ丁寧に宝箱にしまっていくみたいな
落ち着いた清々しい回でした。



金沢の劇場は立派な劇場で
舞台も高いところにあるし音響がとてもよく響いておりました。
そして今回私唯一の良席でして、前方ドセンから見上げるショーコは
女神以外のナニモノでもありませんでした。
ゴコウガサシテタヨ!


今日のショーコさんはとっても、ツヨカッタ。
すみれちんて○の時もそうだったけど、千秋楽になると凄く強い人になる。
周りがもどかしくなるような言葉にするのが苦手なショーコさんじゃなくて
とってもハッキリ主張してました。
くにえだ君は完全にビビッてたようなw
それもこれも最後ならではの強さなような気もします。
最後っていう「リキ」が入るのかしら。


<ジンギナキ>
ちょうど昨日CSみたウルフみたいに巻き舌とドスを思いっきりきかせてました。
足を踏み鳴らし、響き渡る声で怒鳴り散らしておりました。
せいじはもちろん、フラワーBたちも完全に皆おびえておりましたw
右ストレートパンチもキレイに決まり、せいじの顔スレスレまで届きました!
コエーー!
デコはくっつけなかったけど
鼻がくっつきそうなほど近づいて足を大股に広げておりました。
最後は子供の言い合いのような「ヤーイヤーイ」みたいにしてました。
どっちも可愛かったゼww


<青春のかがやき>

くにえだ君への恋心を歌うというよりは
未練を断ち切れてない自分を嘲笑するように天を仰ぎながら笑って歌ってました。
その姿が痛々しすぎてみていられないほど。
「私は大丈夫」って言う歌詞では、投げやりに笑っていて
とりあえず大丈夫って言ってみたって顔をしてました。
その痛々しさが脆くてキレイで
舞台真ん中にポツンと光を浴びて歌う姿が美しくて
私こんなキレイな人は、今までもこれからも見れないと思っておりました(イタクテ上等)
そう思うと泣いていた。
サントリーホールで女神を見た時の感覚と似ていた。
こうやって舞台1人で静かにしっとりと歌う姿を次はいつ見れるかなーとも思ってまった。


<ハッピーバード>

昔話をするショーコが嬉しそうで楽しそうで当時は当時で良かったんだなーと思わせられました。
さっきの歌でつらそうだったもので。
ハッピーバードのギャグは今日はすみれちんにはあまり受けませんでした。
ジェイさんは頑張って新しいギャグを出してましたが、すみれちんは面白くないギャグには冷たいwキチクww
つかぬことですが
せいじに「素敵よ」ってうっとりするような優しい声で言った直後に
物凄い低い音から入るウィヴオンリージャストビガンが凄く好きなのですが。
せいじがピューっと袖に入った後、すみれちんは1小節ほど歌が飛ばしました。
なんだか昔を思い出してすぎて浸ってる間に歌が始まってた、そんな気がした。珍しいなー
くにえだ君の登場で、お互いが今の状況(今フリーかどうか)を探ってるのが東京よりより分かりやすくなった気がします。
今お互いフリーとわかってからの顔がホッとした顔になるの。ふたりとも。
ちなみに今日の飛ばした牛乳のケースは
ちちにかするようにあたってました。アレ地味に痛ソーだ
ちちは「イテテイテテイテテ」って何回も言ってて可愛かった。


<違う世界>

ショーコが未練を断ち切るキッカケになる場面(と思っている)
くにえだ君はなかまを捨ててこちらに来いと誘い
ショーコはそのなかまを捨てろって言われたことにスーッと思いが冷めていく
はっきりと違う世界にいるとつきつけられたくにえだ君が泣いているように見えました。
必死でせいじに見栄を張っていて
それは確実に涙声でした。
今日はどうもくにえだ君の未練がかなり強いみたいです。


<ミニスカサンタ姫>

青春のかがやきでキレイすぎて泣いたオレですが
サンタさんはもっとキレイでした。
そしてすみれちんはなんて白いんだろーと眩しくて仕方ない。かわいいなー
フレンズの中ではすみれちんが一番お姉さんなんだけど
一番はしゃいでいて皆の周りをクルクル回っていて(そーゆー演出なんですけでもね)
この妖精が光を灯していくようにみえる(いつも以上にイタイ)
ピョンピョンもしてましたが、あのアングルで見るすみれちんの足に釘付けでよく覚えておりません。
すみれちんのふともものまぁおいしそうなこと!(デヘヘ)
そして最後にご褒美なのか、紙ヒコーキゲットしました。
裏には何もなかったので当りではなかったですけどもね!


<病院>

病院にくる前、契約書を出してしまったくにえだ君に怒りで溢れていたショーコタンでしたが
病院では穏やかでした。穏やかに悔やんでおりました。
「もっとうまく歌いたかった」と当時を懐かしむように当時の若さを笑うように。
火炎瓶なんかで世界は変えられないのにねって笑いながら。
愛に溢れた世界をって言うとき
すみれちんのところに明るい光がさす演出が大好きでした。
今のショーコなら世界が変えられるような気にさせてくれる。
アソングforユーを歌うすみれちんは涙を流してましたが
ジェイさんも泣いているような声でした。
なかまを思うと泣ける気持ちは客席も同じだったんじゃないかな。


<イエスタデーワンスモア>

いつもいつもそうですが、凄く温かい空気が流れる場面。
ショーコとくにえだ君はわりと笑いながら見詰め合っておりました。
お互いが未練から完練になって2人で過去を懐かしんでるように。わりと見詰め合って!・・オレトク!!
すみれちんは泣くよりも皆との思いを確認してるようにしっかりとしてたよ!


全体は必殺箇条書きで


♪ハンクのセリフが前後しちまって
「ママだ」のセリフが先に。
せっかくの笑いの場面なのに先にオチを言ってしまうビトウさん。


♪フラワーBが歌いきったよ!
最後まで良い曲なので毎回歌いきるような演出にしてほしかったなーと思ってたり。


♪「くどい顔」突っ込みは神戸から盛り上がってますが
ショーコさんは手を叩いて笑いながら「サイコー!」って言ってました。


♪今日のビトウさんの声がすごくきれいに出ていて染み入りました。
エンドオブ~の歌がキレイでした。


♪オンリーイエスタデーを歌う3人がとってもキレイでした。いつもにも増して。
ラストステージかと思うとその美しさを目に焼き付けなきゃと必死(私が)

♪雨の日の歌い継ぎ。
コーラスでの参加のすみれちんですが、泣きそうになっているようにお見受けしました。
ここはカリさんも泣いておりました。


♪バス停でのご夫婦。今日は仲直りできた後のやすこママが一段と可愛くて
この可愛いご夫婦に会えなくなるのが寂しいよー


♪カーペンターズを聞きながら→歌いながらのくだり
ジェイさんいつもよりタメながら近づいてきてセリフを言うと
すみれちんは笑いながら嬉しそうに「さいこう」とゆっくり言っておりました。



<カテコ>

何度目かカテコでハケル時
すみれちんたらまたバンドの方の手を離さないであります。
もうホントに年上ダンディ好きだなーw

カテコも数回になれば、
左右どっちにハケルか自由になっていくのですが、
たまたま皆が下手に(ジェイ側)にいこうとして
私1人ぽっち。みたいな顔するから
あわててみほちゃんがすみれちんに駆け寄ってくれました
もう、ホントにお世話焼かせ上手さん

そしてハケ際、ジェイが手を振ってる間に、嬉しそうにダッシュで袖に消えたすみれちん。
下手のジェイさんから上手に大きく手を振って上手を見たら
すみれちんがいなくてビックリするジェイさん。
その後、してやったりのイタズラ顔で笑いながらもっかい出てきました。
かーわーいーいーー!



最後のご登場はちちと手を繋いで出てきたよ!すみれちんたら!
ちちとすみれちんがお手手繋いでる!
なんてオレトク!!!


スタオベにもなりました(若干前の方だけで盛り上がってる感はありましたが注オサファンww)
でも、最後なんだしみんなで盛り上がってるのでいいんじゃないかしら!!(自己満)
みんなで手を繋いでお辞儀をするところは何回も何回もしてました。
ジェイさんから案内で、お辞儀をするところは客席も一緒にーということで
客席も手を挙げてお辞儀。
みんなでバンザイ三唱みたいになっておりました。
ジェイさんが挨拶した後、最後にハンクからも挨拶がありました。
今日はキチンとオチまで言えた!「缶は無料、瓶は十円」
そして
我らがショコタンからも一言。
「みんなーげんきー!?アイシテルか~い!?」
「アイシテルよーー!!」
「私もアイシテるーー!!」

いつもの愛情確認もありました。
いい終わった後、すみれちんがジェイさんに「よかったですか?」みたいに笑いながら確認してて
いつもいつも盛り上がっちゃってスイマセンねーと勝手に思っておりました。



終わってしまう寂しさもありますが
なかまが凄く結束した形で終われてすがすがしい気持ちでもあります。
ホントに良い仲間で、良い舞台だったなー。(まるで自分が舞台の仲間だった気になってる)(でもそれぐらい楽しかった)

帰る時間まで、加賀の冷酒と鮮魚を味わってきました。
この冷酒がまたうまかったんだなー(ウフ)


まだまだ神戸の日記を残してないので
私の旅は終わってないんですが(自分的に日記を残すまでは絶賛公演中)
ひとまず大変に盛り上がった金沢の夜でした。
カナザワヨイトコ!!!


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。