上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年最後の観劇をする為に名古屋に行ってきました。
会社を抜け出していったので
名古屋グルメを堪能することがあまりできなかったんですけども
それでも台わんラーメンだけはたべました(これだけは食べたことなかった)

結構辛くて
ポッポッポッポッと汗をかきながら劇場に向かいました。
すみれちんに会う前から体が熱くて大変。


残念ながら名古屋公演は1回しかなかったので
公演を重ねることに日ごと面白くなるすみれちんですので
どうなるかドキドキしたのですが
ドキドキしたまま始まってしまいました。
つまり、前半部分はどうしようかと思ってしまいました。
しかし
名古屋のお客様は大変にノリがよく
まるでタカラヅカの舞台を観ているかのように拍手がたくさん飛び手拍子が鳴り
それに乗せられるかのように
後半部分からが今年一番のスバラシイ舞台になっていきました。
お陰様でよい観劇納めになりました。


この1回の公演を存分に楽しもうとする名古屋のお客様の意気込みが感じられるような
始まりからの手拍子の多さ。
演者が登場するごとに拍手もおきて
初台で観たのとはこれまた雰囲気が変わった舞台のようでした。


そして幕が開くと
久しぶりの仲間がホントに久しぶりに会ったのでちょっと初めの方は人見知りしちゃってるYO!的な
空気感でした(どんな)
ハコが変わるとこんなにも新しい空気になっちゃんうんだ

思う程に新しい空気と寒い空気とエンジンがかかりそうな空気で舞台がすすみました。
観てる方はどうしようかと思いましたけどね!


♪せいじとジンギナキ戦いの場面
今日のショーコタンは獣萌えなかった(しょぼん)
だけど右ストレートパンチが大変うまくきまっておりました。
今日のショーコタンはボクシング選手のようでした。
つまり今日はボクサー萌え(ダカラナニソレw)
威勢のよい元気なショーコタンでした。
ジンギナキ戦いをしてる。というよりはすでにせいじとじゃれあってる感がなきにしもあらず。
そんなショーコもかわいいであります。



♪青春のかがやきを歌う直前、イスを運びながらちょっとおしゃべり(セリフ)をいうショーコですが
「誘ってもダメダメ」って微笑みながら言ういい女っぷりなのですが(異論は認めない)
そこでちょこっと笑いが起きておりました。(誘っちゃダメなのかーと残念な苦笑い的笑い声)(と解釈した)
いつか誰か客席から誘ってみてはくれないだろうかと
期待してるのですが。
「お嬢さん、お食事でも!」って!!
ショーコはいい女だから最前列のお客様とかは誘いたくてドキドキしてると思うんだ!だ!



♪実際の歌ですが
今日は切ないそうに笑いながら歌っておりました。
「わかってはいるけれどダメなのよ」っていいながら(そう聞こえた)
その切なさが見ていて辛くなるような笑顔でありました。
はるのすみれの孤独笑顔さいこうであります!


♪なんだかとってもくにえだ君が好きなショーコでした。
今にも恋こころに火がつきそうなほど。
でも「君の幸せの為に」って言われたあたりでイッキに冷めていく音がきこえた。
2人は住む世界が違うと目が醒めたみたいに。
でも最初の方はくにえだ君への恋が残ってるので
とってもしっとりうっとりクネってたように見えました。色っぺーなー




前半部分は人見知り発動的な舞台でしたが
後半部分(主に病院の場面)は最高でした。
最後にして2011年べすと場面でありました!


東京では、ショーコのセリフは「皆を抱きしめたくなっちゃうような」のところに重きがあるように感じたけど
楽を終えてちょっと休んで再度作品に向いたら
「もっとうまく歌いたい」の方に重きが動いたように重います。
物凄く拙い言葉での説明ですが
歌った結果に重きをおくか
歌自体に重きをおくか
みたいなみたいな。

それぐらい「もっとうまく歌いたい」のセリフにこの作品の全部の思いがつめこまれたような
切ないでも重みのある強い言葉でした。
あの一言でいちおくにんの涙を誘った(芝居ががってます)

その時のショーコの顔がまたたまらんでした。
涙を浮かべながら必死に祈るようにギュッ思いを込めておりました。
でも
いつもみたいにこっちがギュッとしてあげたくなるような感じでなく
抱きしめるにはあまりに美しく神聖な姿で寧ろ神々しかったであります。
*かなり興奮してたのでよくわからなくなってきました。


でもそれぐらいとても良い場面でありました。


P.S.
最後にとっても大事なこと
名古屋のミニスカサンタさんはスバラシかったですぜ!(うわーい)
ワタクシ2階でしたので非常に残念だったのですが
もし下手最前に座っていたなら
つまみ出されるほどに鼻血が出たと思います。
それぐらい、ピョンピョンがすごくて色々見えてる気がした。
ピョンピョンピョンピョンふっっっかつ!!かみさまありがとう!!!

(こっそり)(東京では白に見えたのですが)(名古屋では黒にみえたのですが)(どちらでしょうか)(どちらでも良いのですが大変大事なことです)(こっそり終了)




最後はいつものデレデレでしたが
私の2011を締めるにふさわしいとても良い舞台でした。




Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。