上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ばんせんという名お仕事のもと
よくわからない枠で不思議枠で
すみれちんが生放送とかいう自体でした。
ナマほーそーーーー



時間帯的に録画で拝見いたしました。
なまでなんか見れるかい!
しんぞうとびでるワイ


ということで、録画でさえドキドキしながら見ました。



大人の手土産特集ということで
舞台観劇なんかに楽屋にも手土産をもっていくわね?的なフリから
すみれちんのご登場です。

人前に出るときは
きちんとシャツとジャケットを着ましょうの心得のもと
生真面目なパンツルックでご登場されました。
お化粧はしっかりされてて
人様に言わせれば
スカーレットオハラみたいな髪型でご登場でされました。
ぎゃーーーかーわーいーーいいーーーーーー



【続きを読む】

スポンサーサイト
宙くみの新こうに行ってきました。
連日のちいさこべ脳なうえに例のアレ(これはまた別の話byチョコハン)で
あまりテンションが上がらずに行ったのですが
その割に
たいっっへん楽しんで帰ってきました。

もうひたすら叫びたい

あっっっっきーーーー!カッコイイーーーーー!!(銀ちゃんカッコイイのノリ)



最後の回にして唯一の主演。
緊張は目に見えてわかりましたが、大変カッコよくて安定しておりました。


完成しきった男役が演じる秀抜にカッコよくてこだわり魂のデキル男

若干7年目の男役さんが演じるのは
大変難しいと思うのですが
今できるサイコウの頑張りで舞台に立たれてる姿に心打たれました。


いや、まぁ全体的に今回は
立ち姿が決まること

説得力に繋がる芝居だったので
それを新公学年で演じることは、みんなみんな大変だろーなー
という印象がいちばんであります。
スーツを着こなすのが男役でいちばん難しいんだから!




【続きを読む】

そんなこんなで
公演も初日に連休以来すっかりなクセに
ゆひたんのお茶かいには行ってきました。


黒(だったかしら)のスーツをきて(かなり細身のスーツだったのでお尻がぷりぷりしておった)(よいよい)
羽毛ふとんみたいなエンジ色の何かをはおっておりました。
マタギみたいだった(爆)
もしくはムックみたいだった(爆)(爆)
かわゆいゆい



いつものごとく、投げつけるような餌付けで入場して参りました。(バラを客席に投げながらの入場)(ゆひたんは笑顔で物凄いイキオイでバラを投げております)(いつもです)
もちろんバラは頂けておりませんが
私の近くで一瞬お止まりになり遊ばしまして
その一瞬のその後の立ち去り際に
鼻孔をくすぐりすぎる物凄い妖艶な魅惑的な媚薬をゆひたんから嗅がされまして(つまりゆひたんからすんごい良いにおいがしたの)
くらっくらになったので
頭の中にアドレナが出過ぎて大変でした。
お陰でとても楽しすぎて砕けるほどに楽しんできました。


なにかが弾けてふっきれたのか開き直ったのか
とても明るくて軽い感じなっておられて
そして客席側も変なヤキモキもせず穏やかな気持ちで見れたので
弾けた会だったと思います。







【続きを読む】

宙くみが公演中なことなんかすっかり頭ん中から飛んでいきまして
先週の週末はどっぷり大阪でちいさこべでした。
でも1日1回までです。
それ以上過剰摂取すると体中の水分がなくなるから。


特に記しておくこともないのですが(だってただただ泣いてるだけだから)
初日から各地を回って1週間たって
芝居もショーもだいぶ板について落ち着いてました。
茂次さんがますますカッコよくて
子供たちがますますやんちゃで
とても良いです。大変です(私が)



ショーも熱さが増していて
ようやくらんじゅさんの熱い思いが組子全員で団結して揃った
そんな感じでした。
なのでラストの3人デュエダンは綺麗で美しくて泣いちまったよー



【続きを読む】

ちいさこべについて思いが溢れすぎて(泣き杉)
ショーになるとぐったりしてしまうのですが
実はルポアゾンも大好きなのです。


私をタカラヅカファンへと誘ってくれたまさに媚薬のようなショーです(毒薬かもしれないw)
小さい頃に何度か連れられた歌劇。
さっぱり意味がわからず
ほとんど寝ていた歌劇観賞。

でも、ルポアゾンを観た時、眼の前ミラーボールが回ってロマンチックレビューが始まると
グワーーーーっとタカラヅカの世界にのめり込んだ記憶があります。(この時のお席がセンターで大変よかったからかもしれないけれど)
以来、これがサヨナラ公演になったウタコさんとミミちゃんのコンビは私の中で永遠にゴールデンコンビです。



そんな私にとって思い出が詰まったルポアゾン。
でもショー作品なので
演者によって色が変わるのは当然なので、それほど初演と比べることなく観てました。
最近では星くみさんが再演をすでにしてるしねー
それに今の再再演は、ルポワゾン+ナルシスノアールなので
初演とはかなり変わっているので、ちいさこべほど初演踏襲願望がなく
心穏やかに見てました。
らんじゅさんのショーということで、違う期待は大変にありましたが!


【続きを読む】

感想というか感想になってない思いですが
ちいさこべという作品が再びナマで観れた感動をどうにか収集つけたい訳です。


ということで
各キャラと過去の思い出とか色々


【続きを読む】

体力面全面無視して、花くみ全ツ初日に行って参りました。

4月26日の演目発表以来
楽しみにしすぎて、
初日あける頃には私灰になってるんじゃないかと思う程に
楽しみにしていた公演。

何をおいても遥々だろうと(初日は千葉県、自分の住まいは関西)
人様のお声を聞く前に
自分の目で確かめたい
という一心で
初日に駆けつける気満々で、発売と同時にチケットを買って大事に大事においてありました。



先週の宙の幕開けと共に、興奮がはちきれすぎたのか
3連休最後に風邪をひきましてねー(ごほごほ)
夜になると熱もでてたので、初日を前にした1週間で行くか行くまいか
かなり悩んだのですが(1週まてば梅田で観れるので)
旅立つ前日になんとか熱だけは下がったので(熱以外はボロボロですが)
行って参りました。


つまり、長いですが風邪気味で初日に行ったって訳です。


そして結果的に

行ってよかったーーーー
ホッントによかったーーー
子供みたいに泣いたーーーー
頭痛くなるくらい泣いたーーー
信じられない位鼻みずでたーーー
花くみ子だいすきーーーー
らんじゅさんすきーーーーー(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)(;o;)



以下感想には程遠い思いの丈だけを

【続きを読む】

*更なる天のお声により追記しました。



先日行われたらしい、
すみれちんのステキさを大人の方々に広めるイベント(ちょっと違う)
があったそうですが
もちろん、オレは大人じゃないので行けてない(充分おっきいとか聞こえない)


さっそくスタッフブログにも詳細が上がってるらしい。
珍しく仕事がはやい(言ってまった)

でも、
如何にすみれちんがキレイで歌がうまくてオーラがあって美しいかを(いつも本気)
タカラヅカをしらないかもしれないより多くの大人の方々に知って頂けるなら
それはそれは嬉しいことじゃないか!

たとえ、たとえ、じ、自分が、行、行けなくても
そんなに嬉しいことはない

思っておりました!(実は行きたかったのがミエミエだな)



とまぁ、相変わらず前置き長いですが
そんな先日、天使のような優しい方からメッセージを頂きました。
いつもココを読んでくださってるというなんとも物好きな方が(スイマセンw)
このイベントに参加されたらしく
その様子を教えてくださいました(ホントにありがとうございます)

普段は、日記なので自分の見たものしか残してないのですが
この優しいお心を世界中に広げるために、記事にする許可を頂きイベントの詳細であります~

*自分で見てきた訳ではないので、ニュアンスが違うものが多々あると思いますが
そこは、「ヘンタイの妄想タイムが始まった」と思ってください。
てか、ほぼ全部妄想かもしれないかもしれないことを先に言っておく(先に言い訳)




【続きを読む】


初日から1日あけて再び観てきたら
いきなり熱が上がっていて、号泣であります。



今日は1階で見れたので
客席降りもわりと堪能。

ちーちゃんが客席で可愛く(私にはかわいくみえる)釣ってたり
その反面大ちゃんがしつこいくらい客席を釣っていて
私から遠かったけど
ニマニマした。




【続きを読む】

宙くみの初日に行って参りました。
あれだけフラグが立ったと騒いだわりにあっさり始まった今公演。
フタをあけてみれば
まさにフラグが立ちすぎるほどに立っておりました。フラグしかなかった。
でも立っただけでヒットしなかった
ということでした。
でもそれを感じてみていると、かれこれ4年前に必死に劇場に通い詰めた時が思い出されて
ゆひたんの銀橋渡りのソロをみていると
涙で前が見えませんでした。
何かが変わっていればコレはアレな訳だったかもしれないので。とか。

でも実際は
何の変わりない通常公演でありますので
穏やかな気持ちで通常に見れてる幸せをかみ締めることが多々有。
どんなに思っていても
やっぱり舞台にたっている姿を可能な限り見ていたいので。
限られた時間の中での男役の貴重さを、すみれちんを見ていて知っているつもりなので。


そんな思いの詰まったお芝居は
ゆひたんの良さしかなかったであります(ナンセ演出はおーぞらマニアのけいこたんですので)
私が愛してやまないかわいいゆひたん
ではなかったけれど
それとは別の
極めきった神経質なまでのこだわりとでもたまに見せる優しさと懐の広さ

最高に魅せてくれたゆひたん。
ぜっったい誰もが、惚れてまうやろ!!

思う人でした、サルバトーレさん。
まさにタカラヅカの男役の極み。
うわーん、やっぱりすきーー




ショーもこれまた極みではありました。
ナイスガイ!というタイトルとは裏腹に、わりとオーソドックスなタカラヅカショーだったように。
ただ、初日ならではのハプニングもあり
これは何のご褒美か、天からの贈り物か、神様ありがとう!

叫びそうなハプニングで
今日のこの公演を観れた奇跡に涙を流しましたとさ。
だいすけならではの、少しふざけた場面はあったものの
全体的に流れの良い楽しいショーでした。
中詰後の場面は、これまたフラグ場面でしたが
何回も言うけどあくまで通常公演なので、
ゆひたんも大きなトップさんになったなー!!!と嬉しく観ていられたよ?


という訳で(前置き長ッッッ!!!)
良い公演に恵まれた初日であります。



【続きを読む】

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。