上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すっかりほったらかしてますが、
世紀の話題さくw雪くみさんも行ったし
専科さんのバウも行ったし
わりとタカラヅカしてる。


そんななか、これからの雪くみさんの楽しみにしようと思ってる子がいるので
確認しに
雪くみ新公を観てきました。


主役お二人共に初主演。
ドキドキマギマギでしたが、
考えれば、直前にバウの主役をしたコンビなので息は合うのかなー

思いました。


本公演の台本が笑っちゃうほどに面白いことになっているので
これを新人さんにもやらせちゃうのかしら

思っていたら
新公担当は、違う先生でした。
つまり、誰もが余談だと思っているところはだいたい変更されていました。
すっきりしていていんじゃないかしら。(棒読み)(それぐらいの変更でどうこうなるようなものじゃない元台本ですが)





【続きを読む】

スポンサーサイト
三連休の最後は、バウ公演おかしなふたりを観に行ってきました。


マヤさんが主演でのバウ公演があるというので
行かない訳がない。

マヤさんは私にとって、
月くみの組子であり
花くみの組長さんであり
専科の方であります。


役によって
優しい人だったり、怖くて厳しい人だったり、可笑しな人だったり
芸の幅が広くて
タカラヅカにはなくてはならない人だと思ってます。
かつて、きっしゃん(岸かおりさんです)がいらっしゃった時も
子供ながらに同じことを真剣に思ってました。


そんなマヤさんとトドロキ理事と(星くみさん数名)が
お芝居のみでみせる作品でございました。
レビュー劇団タカラヅカには珍しいかもしれませんが
歌劇団といいながら、色んなことをするのがタカラヅカなので
何の違和感もありません。

というか、昨今の作品
芝居力で魅せてる演目のが少ないことの方が残念であります。



そんな少なくなってしまった『芝居』の演目。
脚本よりも、演者の掛け合いに全てがかかってる
そんな演目でした。


【続きを読む】

曲と曲の合間には、ちょこっとだけ3名でトークをするのですが



すみれちんはいつもの通り、ゆっくりゆっくり考えながらお話しされます。

ごきたさんは見た目の豪快さとは裏腹に、かなり柔らかいトーンでやさしくお話しされます。

フジオカさんはわりとテキパキとした口調で口数多くどんどん進行されていきます。


3者3様でそれぞれのテンポが違っていて
面白いほどにかみ合ってなかった気が致します。(新しかった)


きっとフジオカさんはかなり回りを気にしてすすめていかれてたんじゃないかなー

思います。
わりと焦り気味だったようにお見受けしましたので(笑)

すみれちんとごきたさんの会話は、
松谷さんとのトーク+ハケタさんとのトーク
という感じで
クリエイターたちの会話は、相変わらず周りの追随を許さないw
時が止まってるんじゃないかというほどの優雅さ。
そんな辺りも、相性の良さがでてるのかもしれない。




そんな3人で行われた打ち合わせって、どんな空気だったんだろーなー

ちょっと面白くなっちまった!



そして、拍手で教えて頂いたのですが
ナオトさんとのトークも、最初の頃は不協和音が広がっていたとか。(東京最初のあたりは行ってないので落ち着いてから見てる私にはコレは楽しいお話)
すみれちんのあの予想を超える波に慣れて頂くのにお時間がかかるのかしら。
1日しかなかったイベントなので
そういった意味でも、ホントに勿体なかったことを思い知らされます。
しかし芸術肌の人ってのは天才か奇人かのどちらかだと思うので
あのままのすみれちんでいてほしいですね(笑顔)
(すみれちんが天才か奇人かのどちらかはわからんですな)(←誰?)





【続きを読む】

大神ゼウスは、白鳥に化けて惚れたレダに近づいたという。


ということで!


関西フィルと歌うかつてのゼウス様

カルメンのように情熱的で
白鳥のようなまっしろく美しい姫様(常に本気)

愛でて参りました。




フルオーケストラの演奏会に、ゲストでご出演されたすみれちんです。


まず、関フィルとの相性からいいますと

・・・

そんなによくはない。かな。(言ってしまった)


指揮の方とすみれちんとの相性

言った方がいいかしら。
そこにごきたさんも加わって
不協和音みたいなお三人でしたw




1部は指揮のフジオカさんが司会もこなしながら
関フィルが演奏されていました。
ミュージカル等のちょっとポップスっぽい曲を主に演奏されてました。
最後に演奏された、オペラ版ロミジュリが一番圧巻だったので
関フィルはクラッシックが得意の楽団だと理解しました。(ポップスはあんまり似合ってなかったのですとか言ってしまう)


でも、(私が)大好きなサウンドオブミュージックの曲とかあったからそれが聴けて良かった。
シカゴとかもあって♪みーつーばーちーちゃんっ♪のメロディもあったので楽しかった。(単純)










【続きを読む】

まっかぜーが
研6にして、何の違和感もなくバウ主演をされるというので
いそいそと観に行って参りました。
ランスロットであります。


アーサー王伝説をしらない若輩者なので
タイトルを聞いた時、まさか人の名前とは思えず

ランスロット→スロット→人間スロット


勝手に変換して
人間パチンコ芸人テントさん並みに
まっかぜーが人間スロットをするのかと思ってました(バカ)
スロットの数字が揃うのを皆して見守る。数字が揃うかはまっかぜーの気分次第。故に終演時間も気分次第。
それは楽しそーだー!

盛り上がりました。



そんな訳はなく(当たり前)
話自体は元がある(のよね?)ので、割と楽しく
そして
円卓の騎士達が非常にカッコ良くて
14人いる騎士ということは、出演者の男役がほぼ当てはまるので
下級生に至るまで非常にスポットがあたっておりました(星くみさんはいつもいーなー)


【続きを読む】

星のまきばに行ったら、次回すみれちんご出演のチラシをくれました。
「アソングフォーユー」の東京版チラシ。


東京版の裏面には、ストーリーが少し載っておりまして
すみれちんの役どこ(役名)は

カーペンターズシンガーSHOKO

だそうです。


相手役になるであろう
かびらさんの役名は、ショウジとお読みするのかしら。
つまり
ショウジ&ショウコ

コンビ名みたいだなー

ひとしきり盛り上がりました。


『はい、どーもーショウジ&ショウコでーす
いや、しかしなんですなぁ』

から始まり

なんでやねん!といきなり突っ込むショウコ。
ショウジからの、「そこですか!?」突っ込み炸裂。(ナオトさーん!)




くだらない盛り上がり。(バカ杉)



私がだいすきなだいすきな俳優さんの羽場さんもご出演なのですが
彼の役どこは
ショーコの元彼であり音楽プロデューサー。
すみれちんの元彼がちち!

~余談
その昔、『ぽっかぽか』という昼ドラがございまして、私ソレの大ファンでございました(DVD全部持ってる!)そのぽっかぽか(親子3人の日常)で父役をしてたのが彼。だから今後羽場さんのことはいつも通り「ちち」呼びになります(ドラマのなかで娘のあすかちゃんが両親を「ちち」「はは」と呼んでらしたのです)@余談終了



しかも、ぽっかぽか以外のちちは割と悪役をされてることが多いので
元彼である今回の役どこは
ショーコに未練たっぷりにしつこく迫る役だといいな(ただの願望)
マルグリットに迫るオットーのように。




役名をみて、改めて等身大の日本人の女性の役なんだということを理解しました。
初めてですね。(笑顔)
どんなかなー
たのしみだなー


行ける限り行こうと思う。(宙くみは?とか聞こえない)



夜中のテンションであげてしまった①を引き継ぎ
そのまま続きです。


幻想か現実か
最後モミイチは、ツキスミに再び出会えることができ
2人は二度と離れないと誓い
お空へ翔けていきました。(きっと昇天したのかと思っている)(それか完全にアチラの世界にいかれたか)(でもその時のモミイチの幸せ感は感動でした)(良かったね良かったねと思えた)



そんな感動のまま、一旦幕が閉じ
その後、短いながらもフィナーレが付いておりました。


幕が上がると
さっきまでのモミイチの切なさや幸福感に包まれた温かい空気感を
一網打尽するようなw
雰囲気が変りすぎる、ショーが始まりました。
オレの涙引っこむ(笑)

ショー的には、楽しくて素晴らしくて
もっと観ていたい!

思うようなつくりでしたが
本編と繋がらなさすぎて
ソレハイカガナモノカト(最早笑うしかない)

主役が戦争経験者の元ニホン兵の話なのに、
フィナーレはちょうアメリカナイズされたジャジーなアレンジでした。(節操無し)



フィナーレを演出したのは酒井先生なのかしらw(違うから)(だってそれぐらいいきなりのレビュー)(どうしたオギー)


【続きを読む】

昨日の泥酔記事にじこけんお。
とはいえ、書いてることはいつもとそう変わらない気がする。(むしろ普段の方がイタクテ上等)
ということで
いつものように、デレデレに溶けた日記を。




先日、愛と美の女神アフロディーテに会ってきました。

すみれちんに会ってきました。(真顔)


いや、たとえ、ファン目線だろうとイタイと言われようと
一昨日のすみれちんはアフロディーテでした(断言)(異論は認めない)


ということで
コムちゃんの朗読げき、星のまきば大阪楽です。



実は、私、朗読げきというものに参加すること自体初めてだったので
どんなものか全く未知だったのですが
凄く凄く響くものがあって興味深く観劇できました。


舞台にのっているのは、顔も声も知っているコムちゃんなハズなのに
目の前で朗読しているのは、全然知らない人のようでした。
それぐらい、コムちゃんが色んな声色を使い分け
様々な人が憑依していくように演じ分けていて
ちょっと怖さを覚えるほどに引き込まれて感動してきました!





【続きを読む】

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。