上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この歳になってようやくウィスキーを覚えました(ただの流行のハイボールですが)

度数はどうでもいいのですが(割と強いんだ!オレ!)
甘味がないと生きていけないので
そんな中で瓶1本買うだけで炭酸があれば家でも飲めるハイボール。(安上がり)
そして
そんな甘味に酔いながら家飲みが増える訳でして
すみれちんを肴に飲めるしあわせ。


という訳で、今わりと凄い割合でベロベロなのですが
昨日のすみれちん(コムちゃんの朗読のゲストのやつin大阪)が美しすぎてまるで女神のようで
それを思い出し飲んでたらベロベロな有様です。

ちゃんと想い出を残そうと思いつつ
コムちゃんの朗読の
ホントにゲストで
歌手ではなく、音楽として、光として、
自然に音を奏でていたすみれちん。
美しいホワイトのゴールドのキラキラしたすみれちんが(実際腕とか首とかキラキラしたのをつけてた)
ボワーーッとそこに立っていて

すみれちんはこんなに音楽がうまく奏でれてキレイで美しいのだということを

オサファン以外が認知してもらえたなら嬉しいなーーー

色々(自己満足ですが)満足しておりました。


もちろん、コムちゃんの朗読は凄くて
朗読だけでも涙が溢れるものでした。


そんな切なすぎるお話しとそれに引き込めるだけのコムちゃんの声色の数々に
すみれちんが色を添える。
夢の中にいるような時間でした。
オットー(ルー様の弟君)が
『僕が見ている世界はこんなに美しい。兄上(皆)もくればいいのにー』

囁いてくれてました。



酔っているのでちゃんと文章がかけているのか、
明日この日記を見たら
自分が嫌いになりそうな文章な気がしますが
すみれちんにベロベロに酔っている証拠なので仕方がないです(諦めた)


星のまきばについては、こんなよっぱらいじゃなくて
ちゃんと想い出を残すつもり(いつも酔っ払いみたいな文章なので大して変わらないと思いますが)


とりあえず、オレが好きな人は
いつもいつも自分の予想の遥か上を上を超えてくるような
すごいものを持っている!!!
ということが
改めてわかった昨日の夜でした。


それをかみ締めながら、
でもかわいいかわいいすみれちんに
まだまだ酒が進む今日の夜であります!!(文章が繋がってない気がする)




スポンサーサイト
お盆もすぎ、あとは早く寒くなって雪が降って
12月を待つばかりの毎日です(急ぎ杉)
はやくこいこいアソングフォーユー(←なんかうまい略し方ないかしら)



お盆中にようやく、のみの我が家も地デ鹿しました。

ケーブル地域なので、Xデーが過ぎてもデジ穴変換というやつで
テレビは見れていましたけど。
今までは最新機器のブルーレイデッキをブラウン管でみるという
なんとも時代の狭間的な行為をしておりました。

それがようやくテレビが届きまして
安さにつられて、サイズを考えずに妄想だけで買い物に行ったので
二畳半の我が家に32型です。
・・・嘘です。
でも二畳半みたいなワンルームに32型です。
それはホント。


テレビをつけて、まず映したのは
BSデジタルでとったパレルモヴィットリオ。

ぎゃーー

大画面に映るすみれちんを20センチの距離で見てチビリそうでした。(近杉)


そして、テレビを買った勢いで買ったブルーレイファントム。
これをいつかこのテレビで見るんだい!

大事に大事にとってあります(まだ開封してない)


まいにちまいにちまいばんまいばん
飽きもせず
(今までよりは)大きい画面のちょうキレイなヴィットリオを眺めているのですが(画像がキレイなのはコレしかないので)
夜が更けるので
朝がおきれません。(何度かねぼうした)(つか今日とうとう遅刻した)(罪な男ヴィットリオ)(濡れ衣)




というか
スカステの画面比ってどうなってるの?
薄型にしたら、4:3の画面比で映像が映るので
毎回手動で画面サイズを変えなくてはいけないのですが
なんか間違ってんのかなぁ。。




この休み明けのだるさを乗り切ったら
またすみれちん!

気持ちをアゲてたら
それは来週でした。(コムちゃんの)
しょんぼり


でも
梅げいHPの稽古場写真の1人写りが好みすぎて
これまた飽きもせずまいにちまいにち眺めています。
凄く退廃的なアングラの中心をいくようなこの1枚がたまらないであります。
デカダンの象徴であります(だんだん訳がわかりません)


あーはやく月末にならないかなー




郵便屋さんが新公初の主演をされるというので
いそいそと行って参りました。
月くみさんの新公であります。


宙の後
というのと
お盆時期
というので
実は、本公演すら見れてない状態で
新公を観ました。

そして
再演とはいえあらすじもあまりわからず
ガチのぶっつけ本番(別の私は本番じゃないがw)で新公を見て参りました。

なので、主役のジュリアンがどういう役かはわかってなかったですが
郵便屋さん演じるジュリアンは
カッコ良くて頭が良くて上に這い上がることに強い意志を持つ凄く好青年な人でした。
あれ?
すごくワルの役と聞いてただけに。
でもそれは郵便屋さんのもつ、本来の素直さが出てたのかしら。
そしてその青年が夢半ばで破れて散っていくのでなおさら切ないラストでした。
オレ、ストーリーで大号泣。




【続きを読む】

今はすっかりアランチャモードだとは思うのですが
私は今回青年館には行きませんので
みつなりで時が止まっております。

そして、今更ですが思い出に
みつなり最後の戦い、千秋楽を観てきました。


ムラ楽からの久しぶりのみつなり。
ゆひたんだけじゃないけど
なんか物凄く熱く熱くなっておりました。
ちょっとビックリした。



そんでショーは
オケのリズムがムラと全然違って
だからなのか
1回1回にかける熱さがこちらも全然違いました。
ちょっと久しぶりに心踊った。



【続きを読む】

滞りなくライブが終了し
会場を移してのご飯であります。

私が参加したのは、ランチでしたので
フルコースほどではなかったですが
立派なご飯でした。


ご飯は非常のおいしかったです。
なんというか、素朴な味でありながら古き良き味でした。

メニュー表には
すみれちん芸名の由来の和歌が載っていたり
メニューの一部に
すみれちんを意識した名前にしていたり。



とりあえずオナカが減っていたので
すみれちんの可愛さについて語りながらもくもくばくばく食っていたら
料理長よりお食事についての説明がありました。
ある程度食ってからのご登場でしたので
1品目の皿が開業当時の皿とか説明を受けても
もう下げられた後という
なんとも笑っちゃうような構成でした。




【続きを読む】

トークがわりとサクサク終わったので
次はライブであります。


実は、グ美人以来の生あやねー
再びすみれちんとあやねーの並びが見れる日が来るとは
夢にも思っておりませんでしたので
楽しみが膨らみすぎてぱんぱんになっておりました。


そして再びすみれちんとゆみこさんのハーモニーが聞けるとは
夢にも思っておりませんでしたので
楽しみが破裂する寸前でした。
お二方の声はとてもよく合うので。


折角3人で出てるので
できれば3人で歌ってほしかった思いもありますが
それぞれとのデュエットが聞けたのは至福でありました。


というかゆみこさんもあやねーも私が知らない間に現役時より更にうまくなっておりまして
腰がぬけそうでした。



今回のホテルは、彼のぺかぺかタニオカマッカーサー元師(違)が
お泊りになられたお部屋があるような格式高く由緒正しいホテル。
ライブがあったお部屋なんかは
舞踏室として使われてたらしく、開業当時のままを残す歴史的建造物。
それはつまりは、かなりの年季の入ったそれはそれは立派なホールでした。
ということで
すみれちんやゲストの方々の内臓が震えるような歌声が響けば
ホール中がビンビン響いて
天井や壁がペリペリミシミシ割れるんじゃないかと思いました。
せめて音の良い箱が良かったなー
とかって
思ってしまったのは内緒の話。


【続きを読む】

散々、行かないって言ってた割に
どこかで、
絶対、行ってるんだろーなーと自分でも思っていた訳で
そして
これまたいい感じで、東宝が宙くみ中(しかも楽週末)にあたっている訳で(なんで毎回宙東宝公演中なのかしら)(1度で済むので有難すぎるのですが)
2つ3つ重なれば遠征する仕組みが体内に組みこまれておりまして
だからして
つまりは



横浜に行って参りました。



毎回毎回、字数を稼いでいるかのようなこのムダな言い訳。
最近気づいたことは、だいたいにしてまず否定から入るらしいこの私の性格。
なので
初見の感想がいつもマイナスな感じです。
そして、マイナスから入ったものこそ、どっぷり地中奥深くまでハマる傾向にあることがわかりました。
なので
私の否定意見は、のちの絶賛意見への前振りと思って頂ければ幸いです。


なのですが!(いきなりの否定)
今回の横浜イベは実際みなさん如何だったのでしょうか・・?
私的には、ちょっと若干の消化不良を起こしております。

いや、ぶっちゃけ
トークいるのか?
とか
歌少なすぎやしねーか?
とか。

せっかくゆみこさんとあやねーを呼んだ割には、
ムダ使いに終わってる気がしてならない。とか思わないことなもい。とか言ってみたり(歯切れが悪い)



実際には
楽しかったけど!
すみれちんは可愛かったけど!
ホテルイベなのにご飯はおいしかったけど!(そこ)


今回は、5日の昼1回のみの参加であります。
1回しかいけなかった(とれなかった)
1回しかいけない私の感想がどれほどヒドイかは、前述述べた通りであります。
1回じゃとても咀嚼しきれないであるよ。


とは言いつつも、1回だけでもとれたことに感謝をしつつ
横浜という町がすみれちんにとてもお似合いな印象を受けて
非常にテンションが振り切れて、相変わらずベロベロになっておりました。



タイムスケジュール的なものは、すみれちんが懇切丁寧に明記くださってるのでいいかと思うのですが
簡単に言うと

謎のミニコント(小芝居といってた)→オースミさんとのトーク→謎の間での抽選会→ライブ→グルメ(おまけ付き)
でした。

謎なことは多かったですが
すみれちんは相も変わらず、訳がわからなくそして可愛く美しく
久しぶりのあやねーがとてつもなく可愛かったであります。
あやねーにデレデレにドロドロに溶けて参りました。




そして実は、ライブよりグルメより
一番テンションがフリ切れたのは、横浜への思いでした(爆)
ヨコハマヨイトコ
サイコウのマチアルネ




【続きを読む】


おかしーなー
おかしーなー


今日は金曜日なので
会社のイスに座ってるハズなんだが
なぜだか見える景色は港だったりする。



と、いう訳で


予想を一切反せずw
私の目下の憧れの地、横浜にきております。
昨日から頭の中をブルーライトヨコハマがエンドレスリピートでございます。


行かない宣言をしてからの、やっぱり来てしまった宣言。
毎回のことのようにも思いますが
毎回前言撤回する気まずさと言い訳が大変です。
どこかの誰かさんが、すべてを封印する宣言をした後に
やっぱり寂しくなって歌いたくなって
再度皆の前に出てきた時の言い訳を考えてたのと似ています(一緒にするなってお声が痛いほどささる)


なにはともあれ
はるのさんがかわいいのがすべての罪ということで
1カ月以上ぶりの姫様愛で愛で大会に行って参ります。


| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。