上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらくぶりの大劇場

本公演もみてないってのに
新公みてきました、花くみさんの。



本公演を見ずの新公なので
どこがカットとかわからずですが
特にカットはなかったとか。

じゃ、本公演もあんな感じなんスね。。。
いやー
今更、本公演みるの勇気いるわー

とか
思いながら
新公は若手の活躍がプラスして
思わず目から水がでたりして。
こりゃ、びっくり(←自分に)


しかし
一大巨頭の期が卒業してたので
若すぎてわからんかと思ったら、わかってしまった。
ほんで
楽しかった・・・!


【続きを読む】

スポンサーサイト

うめげいのHPをみてたら、すみれちんが載ってた・・・!


「専属けいやく」って書いてありました。


ナニソレ?


社員じゃなくて契約社員みたいな感じかしらん。。
それとも、はけん?
なんて
程度の低いことを考えて

結局

どーでもよくなりました。チーン。。。


そんなことより、HPに写ってるすみれちんの顔をデレデレみときました。



とりあえず年明けにはファニーブライスになるって言ってるので
なにかしらやってくれてたらそれでいいわけです、ハイ。



はー!来年なんて遠いわ

思ってるうちに、その前にゆひたんがあったわっ

なんだか今更な気もするけど
千秋楽です。。。


1週間もたっちゃったし
社会に戻ったら、すっかり夢のような4日間は夢だったような気がするけれども
メモだけが残ってるので
楽だけ残さないのも気持ち悪いから
メモから記録を残してみる。

だがしかし
メモが(テキトーすぎて)読めなくて
穴だらけ。。。(すぐに残すつもりだったんだもん)


とりあえず、雰囲気だけ。



楽はやっぱり
前楽の、むしろ破壊的な爆発力をもった回とはまた違って
なんかいろんなものを飛び越えておりました。


何しろ
すみれちん自身がこのコンサートへの愛おしさを全開にしていたので
終わってしまう寂しさをあんなに露出してたのには驚きつつ
私も同じ思いですよ。


【続きを読む】

やっぱり、プッチーニなんですね(汗汗)>ありがとうございます


そうだよなー
我慢がプチり
とか
かわいすぎるもんなー

でも
初見で
「プチりって!!」

悶えた自分が恥ずかしいやら、イカレテるやら。。。

でも、すみれちんだったら言いそうな気がしたんだもん。。。


そんな終わってもなお新しい発見があるコンサート(自分的問題ですが)


楽前にして
アフタートーク

今回はオースミさんがうまいこと進めていってくれたので
うまくおさまりつつ
すみれちんの色々が全開でした。

ひとまずは
すみれちんの色々に
首を傾げながら、ずっと可笑しくて仕方ない
という風情の
隣のナオトさんがツボでした。


そうやって
みんなすみれちんを愛で愛でしていけばいい

思いますー



【続きを読む】

公演の合間に
チーズケーキを食べて
腹ごなし


マエヤマみたいなオトイレとかあるお茶屋さんだったので
オトイレ入った瞬間に
古い手洗い
怖くて泣いた
とか
色々ぐるぐるしました。

リアルマエヤマ

何となく入ったお茶屋さんだったのに
不思議なご縁です~



2回公演の2回めでもあり
前楽でもある回で
何もないはずがないわけでして

なんかもう色々めちゃくちゃでした。



すみれちんもいきなり飛ばしておりまして
おのずとトークも飛ばしすぎ
何にもで乗っかって、ガンガン前に出るトークでした。
おのずと天然炸裂ですので
誰も突っ込みが追いつきませんでした。

ホントにもう、かわいいなー



【続きを読む】

青山とはまた違って
梅げいはやっぱりハコ自体が大きいのです。

大きいハコの利点は
単純に
広がる声の幅が広い、容積的に。

なので
折角なら
遠くで見ると
色々堪能できるのです。

なので
私のお気に入り3階のテッペンから観劇


ただ、この日は大阪唯一2回公演でして
もちろんのこと
2回目が充実するすみれちんなので
1回目の記憶があんまりない。。。

いや、だって
この日の2回目は凄すぎたんだもの。。

なので
広がる声を堪能した記憶しかない
5日の13時公演



【続きを読む】

どうにかこうにか4日平日昼間の公演ですよ


がんばって行ってよかったっ
だって今日も可愛かったのですからっ
そして
自由度満開でしたからっ

そして
古サワさんの楽だったからっ


古サワさんの音色でのデュエットがもう聞けないなんてー


【続きを読む】

本日、大阪しょにちでした。

ホントに初日でした。すべてが。


東京で何日か公演した。
ということはおいといて
やっぱり初日なんだなーと。


なんだか
またまっさらになっていて
イチからのスタートなのであります。


やっぱりすみれちんの初日はこうでなきゃ。

そして
日がたつにつれ
お客との呼吸を繰り返して
練り上げられていく。
この過程を含めての
ライブがよいのです。

生でしかもはじめて(つまり初日)だけなんて
先の方に上手い料理が見えているのに手が届かないみたいだっ

こないだの
ニホン放送のやつみて思ったのです。


つまり
舞台にたったすみれちんに会う為に行くのであります。



【続きを読む】

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。