上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先に楽から勢いで書いたのをあげていこうとおもいます。
全部上げきったらてしまって
終わってしまうーーいーーやーーー



ということで大阪楽


大阪にきてから
私の席的関係かもしれないし
照明の関係かもしれないし
勝手な思い込みなんだけど

この舞台にたつすみれちんを見るたび
孤独に挑戦に立ち向かっているのを晒されている
そんな構図に見えていて
もちろん舞台や客席はみんなすみれちんの味方だし
会場全部でライブを盛り上げてるんだけど
何故か
舞台上のすみれちんがひとりぽつん
という
イメージがついてまわった(私の中で)


未だに自分でもなんでそう感じてたかはわかんない


もしかしたら
最後に静かに決意するように語る「挑戦」のMCが
そう思わすのかも。
あまり多くを語らないすみれちんですが
いつも一人静かに黙々と目標に向かっている印象があります。
他者を近づけさせない孤高の精神の持ち主なんじゃないかと思う。
そんな姿をこのライブで見てるような気になっていたのかも。
コチトラ見てるだけで何もできないけど
いつも真剣に戦ってる
そんなすみれちんから溢れる世界観がやっぱり好きだー

そのMCを聞いてたら泣いてた。
すみれちんが次
どんな困難なことに挑戦しようとしてるかは知らないけど
すみれちんのペースで進んでいってくれれば
そしてそれにがんばってついてこうとおもいましたまる!
(久しぶりに恥ずかしい事書いてるなw)



そんな私の恥ずかしいほどの愛はおいといて
舞台は千秋楽らしくマテのお蔭もあって
大変に盛り上がりました。
もちろんバンドの方々のいろんな挑戦も感じれて
プロの集団の本気ってすごいなって思った訳です。


【続きを読む】

スポンサーサイト
ライブ会場ってのは
とっても近くですみれちんを感じて歌を聞ける
極上の空間ではありますが
如何せん近すぎてオペラを使えないのがなんともはや。

あと私の手持ちが正面からみる席が少なくって
横からみることが多かったのが残念。
もちろんすみれちんの
横からでも
上からでも
下からでも
背中からでも
どこから見るのも全部好きなんですが
マテと向かい合うとマテはでかいので頼りがいのあるお姿なので
上手からみると
すみれちんが全く隠れてしまう時もありました(笑)(もはや笑った)



お食事しながら歌を聞くという
ビルボード本来の姿にはまったくもって必要ないかもしれませんが
すみれちんの場合は
歌とともにあの顔芸を見ながら聞いてナンボなので
そのあたりの気持ちがどっかに届けばいいな(とどこにも届かないここで言ってみる)


というわけで
お顔見えないチラリズムの境地のような環境で
すみれちんの声を感じる前楽でした。(なので記憶がうすい)


【続きを読む】

大阪が始まりまして
そこにすみれちんがいるってだけで気持ちがわくわくしております。

社会なんて捨ててしまおうかとよっぽど思ったんですが
一応大人なので今日の昼は諦めました(ちっさい自制心は一応もってる)


ということで
はやく夜になんないかなーと
ぼーっとしながら時間をすごし(仕事しろ)
再びすみれちんに会って!きました!


初日をおえた次の日は
別人にように変わることが多いので
それを期待してしまう
うふふ


【続きを読む】

いよいよ大阪に!すみれちんが!やってきました!
うわーい!

行ける範囲でめいっぱい行こうと思っております。
だってそこにすみれちんがいるから(そこに山があるから的な)



いつもいつも
東京で何公演を重ねて慣れてきても
また新しい地にくると改めて初日になるすみれちん
今回も例にもれず
でした。



大阪の空気を掴みながらすすめていってるようなそんな感じをうけました。
あと、大阪は照明が暗かったので見えずらかった。しょぼん
でも
客席からのお返事や返しが大阪っぽくて
和やかだなーと思う反面
照明もライトもくらめなことで
すみれちんが真っ暗な荒野に一輪だけ咲く花のような
寂しさと神々しさを纏った姿で歌っているような
そんな錯覚におちました。
いや、つまり大変お綺麗だったってことです。


マテとのトークが更に短くなっていたので
東京で笑いに包まれすぎたので遠慮してるのかしらマテったら
もっともっとやってくれていいのにー

【続きを読む】

そのまま引き続いて夜でございます。
もう東京の楽だって!びっくり

すみれちんもMCで言ってましたが
このビルボードという箱が新しくて
見てるこっちからしても距離が近すぎて
かなりの挑戦だったんだろーなと思う前回の1stライブから今回2回め
サントリーホールの時も少し感じたんですが
客席が前だけじゃなくて
横にも真横上にもあるのが
すみれちんも不思議そうで面白そうで
劇場でない空間で聞くすみれちんの歌声にもずいぶん慣れて(私が)
そしてその歌声のしっとり具合がまたいいんだわー(ファンですから)


頬杖つきながらすみれちんの声にうっとり酔える空間が幸せすぎてもうもう


そんなわけで
東京で練られたことを更にさらにひょいと軽く超えてくるようなすごい回でした。


【続きを読む】

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。