上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月末、ゆひたんが舞台にたたれるということで行って参りました。
やっぱり板の上に乗ってるゆひたんが好きなので
むりやり休みをもぎとってきました。


人間こくほー様とはるかうえの上級生様ほかとのご共演
まるで最下のようなゆひたんは
たいへんに
たいへんに(2回言った)

かわいらしかったですっっっ(結局ソレ)



上方の演芸イベント

なっていたので
もちょっと踊り有レビュー有みたいなやわらかい感じかと思ってたら
わりとがっつり日舞でした。
こくほー様の舞を見れるとあって大変お値打ちな舞台だったかと思われます。

そのこくほー様の舞に挟まれた形での順番で
業平を舞われたゆひたん
鼓を打ち鳴らしたながら足を踏み鳴らして舞ってる姿が
相も変わらず
カワイスギテッッ

タカラヅカの舞台じゃないし、伝統のある舞台なので
もっと厳かな気分になるかと思いきや
舞ってるのはゆひたんなので
感想がいつもと変わらないったらありゃしない



踊りのことはさっぱりわかりませんので
ゆひたんの感想だけをば






【続きを読む】

スポンサーサイト
ゆひたんお誕生日おめでとうございますーーー!!!!


今年もこうしてお祝いできる幸せをかみ締めております。


いつもいつも当日は
楽後
とか
休演日
とか

当日何をされてたかは割りとスルーされてた気がするのですが
今年はまさに公演日!
そしてそれに立ち会うことができそうで嬉しい限りであります。


ご卒業を前にしてのお誕生日はすみれちんもおんなじでしたね!と
こんなとこにも共通点があって嬉しい限り(*´∇`*)(勝手な共通点w)


ゆひたんがこのヨに生まれてきてくれてありがとう

「叫ぶ」というよりは
しみじみと思う次第でございます。


願わくば来年もこうしてお祝いがいえたらいいなと思っております。

ゆひたんにとって素敵な一年の始まりになりますよーに!!!!
4年前の今日は、すみれちんに最後のお別れをした日でした。

その4年後の今日は、ゆひたんが最後の会見をした日でした。


12月27日は、私の中でいろいろ思いが埋め込まれる日になりました。



ご卒業されてからのご活躍の楽しさの広がりは
すみれちんを観ていてちょっとは知ってるつもりです。
なので、この世の終わりというような落ち込みようはないつもりですが
限られた園にいることの大切さもわかっているので
やっぱり寂しさはひしひしであります。

すみれちんの時はご本人が寂しそうにぎゅってしたくなるようないでたちでしたので
死にそうになりましたが
ゆひたんはなんと凛としていて美しいのかと思いました(ファンですから)
会見での美しいゆひたんを見ていると
こっちが泣いてる場合じゃないなーとも思えます。
いつもいつも勇気をくれるのがゆひたんであります。



そして
実はまだまだこれからが大変なのもわかっているのでw
泣いている場合ではなかったりするのですが。
思いはたくさんありますが
折り返しでいろいろ叫んでみました。






【続きを読む】



すみれちんばっかりに行ってるみたいですが(まぁそうなんですけどね!)
ゆひたんのお茶の集いがあるので
そのために!(一応強調)
日程を延ばしてまで参加してきました
ま、昼のアフタートークが追加になったことも影響してますがね(おい)



ゆひたんはますますますますおやせになられるとともに
ますます服のセンスが大阪化していってる気がします。
ゆひたんが着るから大変に麗しいのですがじっくり考えてみると不思議な服でした。
なんかワイルドな感じ?(聞くな)


この日のゆひたんはわりとご機嫌だったようにもお見受けしましたが
なんだか厳しさが増した気もします。
くだらない質問に対してのお答えとか。
もちろんきちんと答えてくれますが
「それぐらいわかれよ」みたいな感じを受けなくもない(笑)
まさにサルヴァトーレさんみたいでした。
ストイックさが。



【続きを読む】

そんなこんなで
公演も初日に連休以来すっかりなクセに
ゆひたんのお茶かいには行ってきました。


黒(だったかしら)のスーツをきて(かなり細身のスーツだったのでお尻がぷりぷりしておった)(よいよい)
羽毛ふとんみたいなエンジ色の何かをはおっておりました。
マタギみたいだった(爆)
もしくはムックみたいだった(爆)(爆)
かわゆいゆい



いつものごとく、投げつけるような餌付けで入場して参りました。(バラを客席に投げながらの入場)(ゆひたんは笑顔で物凄いイキオイでバラを投げております)(いつもです)
もちろんバラは頂けておりませんが
私の近くで一瞬お止まりになり遊ばしまして
その一瞬のその後の立ち去り際に
鼻孔をくすぐりすぎる物凄い妖艶な魅惑的な媚薬をゆひたんから嗅がされまして(つまりゆひたんからすんごい良いにおいがしたの)
くらっくらになったので
頭の中にアドレナが出過ぎて大変でした。
お陰でとても楽しすぎて砕けるほどに楽しんできました。


なにかが弾けてふっきれたのか開き直ったのか
とても明るくて軽い感じなっておられて
そして客席側も変なヤキモキもせず穏やかな気持ちで見れたので
弾けた会だったと思います。







【続きを読む】

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。